BMWのiOS用新アプリ「BMW Connected」

BMWは8月3日、車とスマートフォンを接続するiOS用アプリ「BMW Connected」を日本向けに公開した。車載通信モジュールを活用して車とスマホを接続するサービス「BMWコネクティッド・ドライブ」を1つのアプリでコントロールできるようにした上で、カーナビゲーションや車両情報の提供などで新たな機能を実現する。

新アプリでは、クラウド経由で車とスマホを接続。車から離れた場所からでもAppleマップ上で地点を設定し共有するだけでナビに目的地を設定できる。また、希望到着時刻を設定しておけば、最新の道路混雑状況を加味した上で、出発時刻をドライバーに通知する機能なども備える。

車を降りた後でも車両の位置をスマホ上で示すことができるため、広い駐車場などでも迷うことなく車に戻れるよう、車両までの徒歩ルートを表示することができる。また、車載カメラで撮影した3D画像をスマホ上で確認できる機能も備え、離れた場所からでも車両の現状を確認できる機能を新たに搭載したほか、車両のエンジンオイルなどの状況や法定点検の時期などもアプリ上で確認できるようにした。

報道関係者向けの説明会で登壇した、BMWブランド・マネジメント・ディビジョン プロダクトマーケティングの丹羽智彦 プロダクトマネジャーは「これまで4つのアプリに分散していた機能を1つに集約しより使いやすくした。さらにクラウドを活用して用途を広げ、利便性を高めた」と話した。

今回のアプリはiOS版のみ。Androd版については「ワールドワイドではすでにリリースされているが、日本でのリリースについては現在検討中」とした。(BCN・道越一郎)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます