D・フィンチャー監督『ドラゴン・タトゥーの女』で心がけたのは、想像ではなく解釈

2012.1.31 13:45配信
『ドラゴン・タトゥーの女』来日会見に登壇したデヴィッド・フィンチャー監督とルーニー・マーラ

第84回アカデミー賞において主演女優賞をはじめ、計5部門にノミネートされている『ドラゴン・タトゥーの女』の来日記者会見が31日に都内で行われ、メガホンをとったデヴィッド・フィンチャー監督と主演のルーニー・マーラが出席した。フィンチャー監督の来日は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のPR以来3年ぶり3度目。マーラは今回、初めて日本の地を踏んだ。

その他の写真

本作は、スウェーデン発のミステリー小説3部作『ミレニアム』シリーズの第1部『ドラゴン・タトゥーの女』の映画化。40年前に起こった少女失踪事件を追うジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、背中にドラゴンのタトゥーを持つ天才ハッカー、リスベット(マーラ)と協力し、ある資産家一族の歪んだ姿と対峙する。米アカデミー賞ではマーラが主演女優賞候補に挙がるほか、撮影賞、編集賞、録音賞、音響編集賞にノミネートされた。

映画化に際しては「原作を読んで感じ取ったことを、忠実に映像化したかった。だから意図的に何か足すことはせず、引き算の演出を心がけた。ふるいにかけて、光り輝く砂金だけを残すような感覚だ。つまり、想像よりも解釈を重視した」とフィンチャー監督。同じ原作を映画化したスウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009)は「一回しか見ていない」そうで、あまり意識していない様子。残る2作の映画化については「まずは今回の映画をたくさんの人に観てもらわないとね」と含みを残した。

マーラは、フィンチャー監督の前作『ソーシャル・ネットワーク』で演じた主人公の恋人役から一転。背中にタトゥー、心に深い闇を抱えるリスベットを体当たりで演じ「若い世代の女優にとって、こういうチャレンジングな役を演じるのは大きなチャンス。難役だったけど、人生において、誤解されたり、のけ者扱いされたりする気持ちは誰もが共感できるはず」。共演したクレイグについては「彼に勝る共演者はいない。まさにアメイジングな存在」と断言する。フィンチャー監督も「今回、まずキャスティングしたのがクレイグだった。男らしさはもちろん、女性との間に友情を築ける稀有な存在だ。ウィットに富んでいる点もすばらしい」と手放しの絶賛だった。

『ドラゴン・タトゥーの女』
2月10日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング