井上ジェットさん、新井正人さん

クラウドファンディング企画『超越野車戦国(ちょうばぎーせんごく)ギバギオン』について(©CGCG Studio HD Inc.)、マルチクリエイターの井上ジェットさん、歌手の新井正人さんにインタビューしました。

ギバギオンとは、新しいロボットものの物語作品のプロジェクトです。

クラウドファンディング100万円達成! 超越野車戦国ギバギオンとは⁉

ギバギオン!

中村(筆者):ギバギオンは小説ということですが、どうして小説なんでしょうか?

ジェットさん:アニメを作るためにはまず企画書があって、それに賛同してくれる方たちがいればアニメ化ができます。

ただ、すごく言いにくいんですけど、自分のネームバリューではちょっと難しいかなと感じていて……。それなら、魅力のあるコンテンツであるということを証明する必要があったんですね。

その証明として原作は小説で、それに歌とかメカデザイン(大河原邦夫男さん等)が入って、というのがひとつの形かなって。

中村:なるほど。それはいいですね。

ジェットさん:このプロジェクトは、スーパーノヴァブックスの小説出版の企画第三弾に採用され、出版するためのクラウドファンディングは、GREEN FUNDINGというCCC(TSUTAYA)グループが運営するサイトで行われています。

なので、作品ができあがったらTSUTAYAさんを中心に置かれる予定と聞いています。 [井上2] 

中村:いろんなところから協力をいただいているんですね。

(※)2018年5月末にクラウドファンディングは終了しています。

アニメじゃない!? 新井正人さん、だろめおんさんが参加!

中村:今日は新井正人さんにも来ていただいているのですが、小説なのに、歌手である新井さんが参加されている理由を教えてください!

新井正人さん:ジェットさんがライブに会いにきてくれて、こういう企画があるんですけどというように紹介してくれました。企画が面白そうだったので、ぜひ協力したいと思い、参加させていただきました。

中村:ライブの時に、はじめてお会いしたということですか?

新井さん:そうです、そうです。

中村:いきなりライブでギバギオンの話をされたんですか?

新井さん:そうです。すごく感じが良くて、フィーリングが合ったんです。

中村:スピード感のある展開ですね!

ジェットさん:ケンガンアシュラのだろめおんさんがキャラクター原案を担当してくださっていますが、だろめおんさんの方がもっと飛び込みでした。

だろめおんさんはニコニコ生放送で生放送をしているんですけど、7年前くらいにコメントで「おもしろいから会いたいです」って伝えたのが最初でした。

中村:それからずっと仲良しなんですか?

ジェットさん:実は数回しかあってないのです(が大好きです)。

中村:それで企画に参加していただけるの素敵ですね!コンセプトが響いたんでしょうか。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます