ダチョウ倶楽部、おでん芸で映画を熱々アピール

2014.12.25 17:36配信
『シン・シティ 復讐の女神』PRイベントに出席したダチョウ倶楽部

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵が12月25日に都内で行われた映画『シン・シティ 復讐の女神』のPRイベントに出席。聖なるクリスマスに、十八番である“おでん芸”を披露し、本作を熱々アピールした。

その他の写真

土鍋でグツグツと煮立ったおでんを前に、上島は「映画会社さんが用意してくれたから、バラエティ番組の適度な温度が分かっていない! 見てよ、大根がとろけてるんだもん」とおかんむり。「熱が逃げない最高の土鍋を用意してくれた」(肥後)、「ハードな映画だから、ハンパない熱さなのかな」(寺門)と苦笑するなか、上島は熱々おでんを顔面で受け止め、持ち前のプロ根性を発揮した。

映画は悪徳がはびこる街シン・シティを舞台に、愛する者を奪われたアウトサイダーたちの生きざまをハードボイルドに描く。スタイリッシュなモノクロ映像で話題をさらった『シン・シティ』の9年ぶりとなる続編で、前作同様にロバート・ロドリゲス監督(『マチェーテ』『プラネット・テラー in グラインドハウス』)と原作者であるフランク・ミラーが共同メガホンで映画化した。

前作に引き続き、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスら豪華スターが共演する他、ジョセフ・ゴードン=レビット、エヴァ・グリーンらが初参戦しており「スターがたくさん出ている。エヴァ・グリーンの脱ぎっぷりがすごい」(寺門)。斬新な映像表現も健在で、肥後は「血しぶきさえもアート」と興奮しきりだった。

一方、上島は「タイガー・ジェット・“シン”は出ていません」と語り、メンバーと報道陣の失笑を買っていた。

『シン・シティ 復讐の女神』
2015年1月10日(土)、TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング