©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会

銀魂の主人公・万事屋の坂田銀時(銀さん)が「坂田P」として、初めて自治体をプロデュース!

アニメ「銀魂」と佐賀県のコラボ企画「佐賀春プロジェクト」。

Twitter上で驚きのPR作戦が展開されています。

映画に乗っかってPR!?

坂田Pとなった銀さんは、万事屋の仲間である新八・神楽の二人と一緒に、Twitter公式アカウントでの情報発信を中心に、様々な企画を打ち出し、その投稿には多くのユーザーが反応し、注目されていまする。

しかし8月10日(金)から開催される佐賀市内でのイベントが盛り上がるのか、不安を感じた万事屋の3人。

そこで対策を練ることに。

地方自治体PRといえば「PR動画」ということで、Twitter上で「万事屋動画会議」を突然開始しました。

そこで思いついたのが、8月17日(金)公開の実写映画第2弾『銀魂2 掟は破るためにこそある』に完全に乗っかるというもの。

映画の予告編を改造し、佐賀の良さを存分に入れ込んだ動画を、次々とTwitter上に投稿しました。

6本の動画と、その総集編の佐賀県バージョンの予告編は公式サイトにて公開中。

Twitter上でPR動画制作に試行錯誤する銀時・新八・神楽のやりとりに注目です。 

坂田Pも大満足! 注目ポイント

坂田Pも大満足の出来栄えとなったPR動画。

佐賀県のPRということで字幕は全て佐賀弁です。

さらに動画の途中では愉快なイラストと L字テロップが突然登場。

キャスト紹介の合い間に名産品「佐賀のり」をぶち込み、佐賀県のPRも忘れません。

そして、ベタな音楽とともに応援宣言で締めくくります。