ロシアが誇る名門バレエ団「ボリショイ・バレエ」の東京公演が開幕!

2012.1.31 14:58配信
「ボリショイ・バレエ」会見より 「ボリショイ・バレエ」会見より

1月30日、「ボリショイ・バレエ」が東京公演初日を前に都内で記者会見を行い、新芸術監督セルゲイ・フィーリンとダンサーらが登壇した。

「ボリショイ・バレエ」チケット情報

ボリショイ劇場は老朽化に伴い2005年より大規模修繕工事を行っていたが昨年、本館が6年ぶりにリニューアルオープン。今回の来日は復活後初の海外公演となる。また、昨年11月から同団バレエマスターでロシアを代表する演出家・振付家ユーリー・グリゴローヴィチの名を冠した「グリゴローヴィチ・フェスティバル」として『眠れる森の美女』や『くるみ割り人形』などを上演しており、本公演もこのフェスティバルの一環として行われる。演目は、グリゴローヴィチの代表作、『スパルタクス』『白鳥の湖』『ライモンダ』の3作品を上演する。

昨年3月に芸術監督に就任したセルゲイ・フィーリンは「今回も(日本に)素晴らしいスターたちを連れて来ました。私達を愛してくれる日本の観客の期待に応えられるよう、素晴らしい踊りを披露したい」と抱負を語った。

またダンサー達はそれぞれ意気込みを語った。「日本の観客からの温かい気持ちをステージで感じています。東京公演の初日(31日)で踊る『スパルタクス』はグリゴローヴィチの傑作のひとつ。踊れることを嬉しく誇りに思います」(スヴェトラーナ・ルンキナ)。「日本が大好きです。私の心や体の中に貯めてきた力の全てを注いで踊りたいです。3月に大きな悲劇に見舞われた日本のみなさんのことを、ずっと心配で見守っていました。みなさんの前で踊れることを嬉しく思っています」(マリーヤ・アレクサンドロワ)。「ボリショイのメンバーとして来日出来たことは、私にとって非常に名誉です。ボリショイに入ることは私にとって夢のひとつでしたので本当に嬉しいです」(デイヴィッド・ホールバーグ)。

同団唯一の日本人ダンサーとして活躍する岩田守弘は、今シーズン限りで現役引退を発表しており、ボリショイでの最後のツアーとなる。「今回はボリショイのダンサーとして日本で踊れるのは最後の公演です。周りを見渡すと一番年長ですが、若く素晴らしいダンサーたちと一緒に日本のみなさまの前で最高のクラシックバレエを魅せるとお約束します」。ロシアに渡って16年、世界に通用する日本人バレエダンサーの先駆けとして活躍してきた岩田の集大成に注目したい。

公演は1月31日(火)から2月9日(木)まで東京文化会館にて開催。また、2月5日(日)に愛知県芸術劇場(演目は『スパルタクス』)、2月11日(土・祝) ・12日(日)に兵庫県立芸術文化センター(演目は『ライモンダ』、『白鳥の湖』)にて開催する。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング