驚くほど簡単、キレイに! 「お掃除アプリ」を使って、シンク・換気扇・排水口の“手強い汚れ”に挑んでみた

どうしても面倒くさくなってしまう「大掃除」。今回は便利な「お掃除アプリ」の力を借りて、手強い汚れにチャレンジしてみました。想像以上に汚れが落ちてビックリ!

 

みなさん、年末の大掃除はもうはじめていますか? ホコリと油にまみれた換気扇を見てみないフリ、していませんか?

私は先週末に、2日間かけて大掃除をしました!! だから、今年の年末はちょっと気楽♪ 大掃除が終わると、ひと仕事終えた爽快感がありますよ。

年末に近づけば近づくほど忙しくなるのだし、がんばって大掃除に取りかかってみてはいかがですか? というわけで今回は、アプリから知恵をもらって試してみた掃除術をご紹介!
 

体に優しい材料で手作りする「お掃除洗剤」を作ろう!

私が使ってみたのが、去年から個人的に愛用しているアプリ「Oh魔法!そうじの裏技大全 (100円)」。キッチンなどの水回り、換気扇、窓ガラスなどのお掃除術を教えてくれるのですが、重曹水や掃除用の万能酢水、セスキ炭酸ソーダ水など、体に優しい材料で手作りするお掃除洗剤を紹介してくれます。

さて、アプリの中身をひと通りチェックしたら、大掃除をはじめましょう。手が荒れないように使い捨てのビニール手袋などをしたら、レッツ大掃除!!

 

拡大画像表示

重曹水で換気扇の油とホコリにサヨナラ!

まずは、一番大掛かりな部分からはじめてみましょう。キッチンの換気扇は、年末の大掃除でしっかりキレイにしておきたいですよね。

 

 

こちら、我が家の換気扇。一年分の油とホコリがびっしり! これは手強そう……。しかも小さな穴なので、汚れも取りづらそうです。

 

 

そこで、アプリからお知恵を拝借! 

 

 

換気扇を掃除するために重曹水を作ってみました。重曹は私もいつも愛用しているお掃除アイテム。200mlの水に大さじ1の重曹を加えて溶かすだけで、簡単に重曹水ができあがります。この重曹水を空のスプレー瓶に詰めておけば、いろいろな場所のお掃除に使えますよ! 体にも優しいし、リーズナブルな洗剤です。

 

この重曹水を換気扇のフィルターに吹きかけて、キッチンペーパーとラップでしばらく置いておきます。あまりにも汚れがひどい場合は、重曹を直接振りかけてこすると、かなり汚れが落ちますよ!

 

 

スポンジで軽くこするだけで、ポロポロと油とホコリが絡み付いたものが取れてきました!

 

 

すっきり洗い流すと、こんなにピカピカに! いつもの換気扇掃除よりも、ずっと楽に終わりました!

 

 

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング