IKENOBOYS

「俺の花を見てくれ!」アツい男たちによるいけばな

夏の男花展 2018(東京・京都)
8月18日(土)・19日(日) / 東京都 / 池坊東京会館1階ロビー
8月25日(土)・26日(日) / 京都府 / 池坊会館1階ロビー

8月18日(土)・19日(日)池坊東京会館1階ロビー、8月25日(土)・26日(日)京都・池坊会館にて、「夏の男花展 2018」が開催される。

この企画は華道家元池坊(京都市中京区)の男性華道人だけで構成される「夏の男花展運営委員会」によるもの。『俺の生き様!!』をテーマに男性の視点でいけばなの魅力を伝えることが目的。

ビジネス界を中心に、さまざまな分野で活躍する男性華道家が参加。東京会場では首都圏の約40名、京都会場では西日本の約30名の男性華道家が参加し、熱い情熱を持った渾身のいけばな作品を披露する。

過去のイベントの模様

また、池坊がプロデュースする“イケメン華道男子”グループ「IKENOBOYS」メンバーの作品も登場。東京海上では真壁弘典、京都会場では藤井真、真壁弘典の作品が登場し、これまでにはない、男性目線で華道の魅力を体感できる花展となっている。

東京では8月18日(土)9:00~12:30、京都では8月25日(土) 9:00~12:30には、公開生け込み(いけばな制作)が行われ、 男性華道人達が集合する。

<IKENOBOYS とは>
2017年、華道家元池坊は花をいけた記録から555年の節目を迎えた。これを機に伝統文化華道の素晴らしさや奥深さを力強く伝えていくことを目的に、池坊華道を学ぶ 7人の若手華道人が集結し、活動している。

IKENOBOYS とは、華道の技と心を伝えていく「イケメン=いけるメンズ」の集団。グループ名の由来は、華道の家元である「池坊」を学ぶ男子=池坊男子たち=IKENOBOYS。

●東京会場
<日時>
2018年8月18日(土)13:00~17:00
2018年8月19日(日) 9:00~15:00

<会場>
池坊東京会館1階ロビー(東京都千代田区神田駿河台2-3)

<料金>
無料(どなたでもご入場いただけます)

●京都会場
<日時>
2018年8月25日(土)13:00~17:00
2018年8月26日(日) 9:00~15:00

<会場>
池坊会館1階ロビー(京都府京都市中京区六角通烏丸東入、六角堂となり)

<料金>
無料(どなたでもご入場いただけます)

紹介者コメント・イベニアスタッフ
「池坊東京会館では、2015年8月に『夏の男花展』、2016年9月・2017年9月に『秋の男花展』が行われています。熱い情熱が会場を包む、男性ばかりのいけばな展。今年の夏のようなアツいものになりそうです。東京開催に続き、京都でも開催が決定しています」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2018年8月10日時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。