第18回アジア競技大会 eスポーツ競技日本代表選手壮行会

日本eスポーツ連合(JeSU)は8月9日、日本記者クラブで「第18回アジア競技大会 eスポーツ競技日本代表選手壮行会」を開いた。日本代表選考会とアジア地域予選を勝ち上がり、ジャカルタ・パレンバンで開催される本選に出場する3選手が登壇。新しいユニフォームを披露し、大会にかける意気込みを語った。

eスポーツは、コンピュータゲームを使った競技をスポーツとして捉える際の名称。今回のアジア競技大会では公開競技として採用され、次回の中国・杭州で開催される第19回大会では正式なメダル種目になる。

「ウイニングイレブン2018」の種目で本戦に挑む杉村直紀(プレイヤーネーム:SOFIA)選手は、「日本代表として精一杯、頑張ります。『ウイニングイレブン』は日本でも有名なゲームなので、恥じないようにしたい」と真剣な表情で語った。

同じく「ウイニングイレブン2018」の代表になった相原翼(レバ)選手は、「ユニフォームを着ると、大会が近づいてきたと実感する。一番いい色のメダルをもって帰ってくるので、eスポーツの魅力を伝えていけたらと思う」と力強く語り、会場から拍手がおきた。

「ハースストーン」の代表になった赤坂哲郎(Tredsred)選手は、「ハースストーンは海外のゲームなので、今回、このような機会をいただきありがたく思う。スポンサーや応援をしていただきありがとうございます。できる限り頑張ります」と堂々と語った。

新しい公式ユニフォームは、世界にチャレンジする選手のために、快適な機能性素材を使いながらも、キレイ目カジュアルをイメージ。各社のロゴは刺繍加工で表現している。新たなスポンサーは、au、サントリー、ローソン、BEAMS、indeed、そしてサードウェーブのゲーミングブランド「GALLERIA」だ。

JeSUの浜村弘一副会長は、「アジア地区は激戦区だったが、よく勝ち残ってくれた」と選手をたたえた。大会の日程は、8月31日が「ハースストーン」、9月1日が「ウイニングイレブン」となっている。配信などの予定は今後詰めていくという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます