『アイ・フランケン…』明日発売

2015.1.6 18:5配信
グラドル映画宣伝部が『アイ・フランケンシュタイン』をPR!(C)2013 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC AND LIONS GATE FILMS INC.

映画『アイ・フランケンシュタイン』のブルーレイ&DVDの発売に合わせ、ポニーキャニオンの作品のPRを担当する“グラドル映画宣伝部”が稼働することとなったが、新メンバーとして日本大学芸術学部映画学科卒業のグラドル、清水みさとが加入することが決定! 1月6日(火)、メンバーの高崎聖子、倉持由香、鈴木咲と共に宣伝イベントに臨んだ。

その他の画像

アーロン・エッカート主演の本作の舞台は天使と悪魔が戦いを繰り広げる現代。誕生から200年もの時を経ても生き続けていたフランケンシュタインが運命に翻弄されつつ戦う姿を描き出す。

“みさと先生”の愛称で人気の清水は「ずっと“グラドル宣伝部”に入りたかった」とのことで「お話をいただいたときは本当に嬉しかったです」とニッコリ。日芸の映画学科演技コース卒業の知識と肉体を駆使して「頑張ります!」と奮闘を誓っていた。改めて本作について、高崎はフランケンシュタインの衣裳や造形に着目。「原作の頭にネジが刺さって顔が四角くて…というイメージをもっていたけど、そういうのはなくて人間味あふれるフランケンシュタインが登場します。動きも速いし服装もGパンにパーカーで、いい意味で期待を裏切られました」と語る。

倉持は“天使対悪魔”という戦争の設定について「中二病心がグッとくすぐられる設定です!」と興奮気味。「キレキレのアクションに注目してほしい」とアピールした。鈴木は「あの『アナと雪の女王』を抜いて、全米でDVDチャート1位を獲得しているので自信をもってお勧めします!」とデータを用いてアピール。さらに、美大に在籍した経験を生かして、劇中でフランケンシュタインが使う大きなナイフのような武器を作ってくる熱の入れようだった。そして新入りの清水はやや緊張した口ぶりながらも「1994年のロバート・デ・ニーロ版の『フランケンシュタイン』と通じるものがある」と早速、蓄積された映画知識を駆使して作品の見どころを解説した。

イベントの最後には倉持が自慢のお尻で尻文字によって今年の抱負「ろしゅつ」を発表! 「メディアでの露出を増やしていきたいし、4人で映画に出たり、外国映画の吹き替えに挑戦したりいろいろやりたい!」とセクシーポーズで宣言した。

『アイ・フランケンシュタイン』
1月7日(水)発売
Blu-ray:4700円(税別)
DVD:3800円(税別)

発売・販売元:ポニーキャニオン

いま人気の動画

     

人気記事ランキング