【CES 2015】パナソニック、4KやHigh Dynamic Rangeに対応する次世代BDプレーヤーを発表

2015.1.6 20:46配信

パナソニックは、次世代BD(ブルーレイディスク)規格であるULTRA HD BLU-RAYでの採用が予定されている、4KやHigh Dynamic Rangeなどの最新技術に対応したBD再生技術を世界で初めて開発し、試作プレーヤーを1月6~9日(現地時間)に米ラスベガスで開催される家電製品の国際見本市「2015 International CES」に参考出展する。

次世代BDプレーヤは、をパナソニックが長年の技術開発によって培った映像処理技術や光ディスクドライブ技術を結集し、4K/60p/10ビットの高精細映像を表示する。

輝度ピークを従来の100ニト(カンデラ毎平方メートル)から1000~1万ニトまで大幅に拡大することで表現力を高めるHigh Dynamic Range、色の再現性を大幅に高める広色域規格BT.2020、高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)/100Mbpsの高ビットレートによるBD再生など、最新の技術に対応する。従来のBDプレーヤーの解像度だけでなく、色、明るさ、階調などの総合的な表示能力を高め、精細感と立体感に溢れた高品位の映像を表示する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング