マイクロン、米クルーシャルの高速SSD「Crucial MX200」、低価格の「Crucial BX100」も

2015.1.7 20:44配信
左から、「Crucial MX200」の2.5インチタイプ、mSATAモデル、M.2モデル

マイクロンジャパンは、米クルーシャルのSSDの新製品として、トップクラスのスピードと機能を実現した「Crucial MX200」と、HDDよりも高い性能を低価格で提供する「Crucial BX100」の2機種を、1月下旬から順次発売する。

「Crucial MX200」は、連続読込みが毎秒555MB、連続書込みが毎秒185~450MBで、ランダム読込みは100k IOPS、ランダム書込みは87k IOPSを実現。また、耐久性を大幅に高め、1TBモデルは書込みバイト総数を従来の72TBWから320TBWに向上した。

容量は250GB、500GB、1TBの3種類で、2.5インチモデル、mSATAモデル、M.2モデルを用意。発売は、2.5インチモデルが1月下旬で、mSATAモデルとM.2モデルは2月下旬以降。

価格はオープンで、税別の実勢価格は、250GBモデルが1万7000円前後、500GBモデルが3万円前後、1TBモデルが5万7000円前後の見込み。

「Crucial BX100」は、連続読込みが毎秒535MB、連続書込みが毎秒500MBで、ランダム読込みは87~90k IOPS、ランダム書込みは43~70k IOPSを実現。コントローラには「Silicon Motion SM2246EN」を採用する。

容量は120GB、250GB、500GB、1TBの4種類で、2.5インチモデルのみ。発売は1月下旬。

価格はオープンで、税別の実勢価格は、120GBモデルが8500円前後、250GBモデルが1万3500円前後、500GBモデルが2万4000円前後、1TBモデルが4万8000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング