パナソニック、光学20倍ズームのコンパクトデジカメ「LUMIX DMC-TZ30」、GPSと地図が連携

2012.2.1 16:39配信
DMC-TZ30

パナソニックは、光学20倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジカメ「LUMIX DMC-TZ30」を、3月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

35mmフィルム換算で24~480mmの光学20倍ズームの「ライカ DC VARIO-ELMAR」レンズを搭載。レンズ表面に独自の新開発ナノサーフェスコーティングを施すことで、ゴーストやフレアを低減した。

光学式手ブレ補正「新・手ブレ補正(POWER O.I.S.)」によって、夜景や暗い室内の撮影でもブレずにきれい撮影できるほか、センサーのAFポイントを検知するフレームレートを増やすことでAFスピードを向上。約0.1秒の高速AFを実現した。

デジタルHD動画規格「AVCHD Progressive」に対応し、フルハイビジョン画質の長時間撮影を実現。歩き撮りの際のブレを抑える「アクティブモード」、自動で風音を低減する「オート風音低減」や、ズームノイズキャンセル機能によって、収録したい音声を確実に残すことができる。PCとの親和性が高いフルハイビジョンMP4動画にも対応する。

グローバルで90以上の国や地域の詳細地図データ(1/2万5000)を収録したDVD「LUMIX Map Tool」が付属。地図データをSDカードにコピーし、デジカメ本体上で地図を表示し、PSと地図機能の連携で旅の思い出を楽しく振り返ることができる。

撮像素子は、総画素数1530万画素の1/2.33型MOS。液晶モニタは3.0型。サイズは、104.9×58.9×28.2mmで、光学ズーム20倍以上のデジカメとして世界最薄を実現した。重さは約206g。カラーは、ブラック、レッド、ホワイト。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング