【TDL】アナとエルサが止まるのはココ!「フローズンファンタジー・グリーティング」停止位置9カ所パーフェクトガイド

2015.1.14 12:00

東京ディズニーランドのスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」(2015年1月13日から3月20日まで)。昼間のグリーティングパレード「フローズンファンタジー・グリーティング」の停止位置9カ所を、すべて紹介します。

©Disney

言わずと知れた大人気ディズニー映画『アナと雪の女王』を題材としたスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」がいよいよ開始!

アナとエルサ、そしてオラフがパレードルートに登場するグリーティングパレード「フローズンファンタジー・グリーティング」。パレードルートで9カ所で、細かく停止をして、少しずつ進んでいきます。

今回は詳しい停止位置を写真と併せてご紹介します!

 

パレードの内容を確認! 総勢25名のミニパレード

©Disney

まずはパレードの基本の形ですが、フロートが1台で、総勢25名程度の、ハロウィーンやクリスマスのパレード等と比較すると短いパレードとなります。

全体の通過時間もかなり短めのパレードですので、そのあたりも理解したうえで鑑賞しましょう。

パレードの形態は、まず先頭に、イベントのバナーを持ったダンサーが先行し、その後に、雪の精を演じるダンサーが続きます。

そして円形の少し背の高いフロートにアナとエルサ、オラフが乗っています。フロートを降りる事はありません。

オラフについては、映画に登場するキャラクターより、相当大きめになっています。

 

観覧のオススメは進行方向向かって「左側」(内側)

©Disney

パレードは、基本的には左右の区別はなく、9カ所で、停止しながらミニショーモードに入っていく形です。

フロートの上で、アナとエルサ、オラフは自由に動き回る形なので、3人が揃って同じ方向を向くシーンと言うのは非常に少ないです。

時々オラフに両脇から2人が抱きつくシーンがありますが、その一瞬程度と考えていいと思います。

写真撮影が目的なら、全員がほぼ確実にこちらを向くトゥーンタウンか、かなり前方からフロートを撮るイメージになると思います。

左右どちら側でも楽しめると思うのですが、強いて言うならば、オススメは “進行方向の左側”。

停止中に、エルサが歌っている場面で、アナがフロートの階段を降りてくる事があるからです(パレードルートには降りて来ません)。時間にすると短い時間ではありますが、ゲストにかなり近い位置まで降りてきてくれる場面があります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント