格安スマホの利用率が3年間で約4倍に

ジャストシステムは8月22日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年7月度)」の結果を発表した。調査は、15歳から69歳までの男女1100人を対象にしている。

調査によれば、「格安スマホ(格安SIM)」の利用者が21.5%だったという。15年5月度調査では5.8%。3年間で約4倍に増加したことになる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます