初主演でオスカー候補に! 新星ルーニー・マーラが『ドラゴン・タトゥーの女』を語る

2012.2.2 11:42配信
『ドラゴン・タトゥーの女』に主演したルーニー・マーラ

世界的大ベストセラーを映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』の印象的なヒロイン、リスベット・サランデルを演じたルーニー・マーラが初来日。先日発表されたアカデミー賞ノミネートでは主演女優賞に名を連ねたことも大きな話題となっている彼女に、映画製作の舞台裏について聞いた。

その他の写真

心に大きな傷を抱え、他人との接触を避けて生きるパンキッシュな娘リスベット・サランデル。その超個性的なキャラクターゆえにハリウッドの名だたる若手女優が熱望したというこの役を、主演は本作が初めてというルーニー・マーラが手に入れた。「オーディションは2ヵ月にも及びました。スウェーデン語の詩を読んだり、バイクに乗ったり、いろんなことをやりました。でも、監督はわりと早い段階で私に決めてくれていたようです。とはいえ私はほとんど無名ですから、周囲の関係者を説得しなくてはいけない。だから何度もテストをやったのだと思います」

監督デヴィッド・フィンチャーとは『ソーシャル・ネットワーク』に続いて2度目。「ルーニーの名前はリストの最後のほうだった」と語るフィンチャーだが、今では「世界中で彼女だけがリスベットを演じることができた」と大絶賛。実際、そのなりきりぶりは外見はもちろん、内面を伝える微妙な演技からも伝わってくる。「リスベットは寡黙なキャラクターです。彼女が口にする言葉は重要なので、そういう重みのようなものを表現したかった。あとは皆さんに共感していただきたいという気持ちがありました。というのも彼女が秘めている怒りや憤りは、程度の差はあれ、皆さんも感じたことのある感情だからです」

リスベットが寡黙なように、ルーニーも決してお喋りではない。「私とリスベットにはたくさん共通点があって、そのひとつが人見知りなところ」というだけあって、ちょっと恥ずかしそうに淡々と答えてくれる。映画では全裸もいとわない体当たりの演技を見せるので、その落差に彼女の女優魂を感じたりするのだ。

次回作は、『ツリー・オブ・ライフ』でやはりアカデミー監督賞にノミネートされているテレンス・マリックの『Lawless』。フィンチャーにマリック、ハリウッドの役者たちが出演を熱望する監督に愛され、確実にトップ女優への階段を昇り始めたルーニー・マーラである。

取材・文:渡辺麻紀

『ドラゴン・タトゥーの女』
2月10日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング