初代「INFOBAR」と同じく、プロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインを手がける

KDDI、沖縄セルラーは、auの4G LTE ケータイ「INFOBAR xv」を今秋に発売する。発売日は未定だが、9月4日10時からau取扱店とau Online Shopで先行予約販売を受けつける。

9月7日には先着20名を招待し、「INFOBAR xv」の電源が入る実機にも触れられる見学会「動く『INFOBAR xv』をいち早く見れる!触れる!塗料工場見学」を開催する。また、「INFOBAR xv」に触れる機会を設けるため、8月21日~9月13日のあいだ、KDDIの直営店「au SHINJUKU」と「au KYOTO」「au NAGOYA」を巡回し、「INFOBAR xv」の展示(原寸大模型)とファンミーティングを行う。なお、「INFOBAR xv」は、手に取って自由に写真撮影できる原寸大模型も用意する。

■歴代INFOBARシリーズの振り返る

デザインや使いやすさにこだわったデザインケータイ「INFOBAR」は、最新の「INFOBAR xv」で7代目。初代「INFOBAR」と同じく、プロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインを手がけ、歴代INFOBARで目指しながらも、実現できなかったフレームレステンキーを実現した。カラーは「NISHIKIGOI」「NASUKON」「CHERRY BERRY」の3色。

15年前の2003年10月に発売した初代「INFOBAR」は3G携帯電話で、ケータイ全盛期の07年には「INFOBAR 2」が登場。4年をあけ、11年6月に発売した「INFOBAR A01」はシリーズ初のスマートフォンとしてそこそこヒットした。続く「INFOBAR A02」「INFOBAR A03」はスマホだったが、今回は原点に立ち戻り、高速データ通信やVoLTE、Bluetoothなどに対応する“ケータイ”となった。

「INFOBAR xv」には深澤直人氏デザインの卓上ホルダが付属し、充電中に置き時計として利用することもできる。そのほか、INFOBARらしさを継承した懐かしくも斬新なかたちに、テザリング機能、LINE、そしてauの4G LTEケータイとしては初となる「+メッセージ」など、15年間の進化を感じ取れる相応しい新機能・サービスを盛り込んでいる。

<過去の発表会レポート>

新「INFOBAR」は「ようかん」?(2013年1月)

https://www.bcnretail.com/news/detail/130124_24652.html

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます