CFD販売、ビジネス向けハイエンドのNASケース「AS51シリーズ」、パワーユーザー向けモデルも

2015.1.13 16:46配信
「AS5104T」(左)と「AS5102T」

CFD販売は、台湾アサスターのNASケースの新製品として、ビジネス向けのハイエンドNASケース「AS51シリーズ」の「AS5104T」と「AS5102T」、パワーユーザー向けのハイパフォーマンスNASケース「AS50シリーズ」の「AS5004T」と「AS5002T」の計4機種を、1月下旬に発売する。価格はオープン。

「AS51シリーズ」「AS50シリーズ」は、メモリが最大8GBまで対応。本体のカバーを外すだけで簡単に増設できる。シングルディスクのほか、JBOD、RAID 0/1/5/6/10に対応する。

インターフェースは、USB3.0×3、USB2.0×2、eSATA×2、ギガビットイーサネット×2に加えて、HDMI 1.4a出力×1、S/PDIF×1を搭載。HD映像出力と高品質オーディオ出力に対応する。

OSは、最新NAS向けOS「ADM(ASUSTOR Data Master) 2.3」で、直感的な操作とアプリによるさまざまな機能追加ができ、あらゆるビジネス環境に適合する。

「AS51シリーズ」は、CPUにクアッドコアのインテルCeleronを採用し、2GBのメモリを搭載する。

「AS5104T」は4ベイモデルで、最大サポート容量は24TB。税別の実勢価格は8万3140円前後の見込み。

「AS5102T」は2ベイモデルで、最大サポート容量は12TB。税別の実勢価格は6万4620円前後の見込み。

「AS50シリーズ」は、CPUにデュアルコアのインテルCeleronを採用し、1GBのメモリを搭載する。

「AS5004T」は4ベイモデルで、最大サポート容量は24TB。税別の実勢価格は7万180円前後の見込み。

「AS5002T」は2ベイモデルで、最大サポート容量は12TB。税別の実勢価格は5万1660円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング