絶世の美女・丹沢ニナ役を務めた土屋太鳳

 映画『累-かさね-』の完成披露試写会が22日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、芳根京子、横山裕(関ジャニ∞)、檀れい、浅野忠信と佐藤祐市監督が登壇した。

 本作の主人公は、天才的な演技力を持ちながらも自らの醜い容姿に強いコンプレックスを抱く淵累(芳根)と、美ぼうに恵まれながらも女優として花開かずにいる丹沢ニナ(土屋)。そんな対照的な2人が“キスをすると入れ替わる”不思議な口紅に導かれて、欲望むき出しでぶつかり合う姿を描いた愛憎劇となっている。

 ニナと、ニナと入れ替わった累の“一人二役”を演じた土屋は、「役の持つ威力がすご過ぎて押し潰されました。ニナちゃんは普通の美女じゃなくて、絶世の美女。そして累と入れ替わったら演技の天才…。ハードルが高く、恐ろしいと思いましたが、きょんちゃん(芳根)をはじめ、皆さんからパワーを頂き乗り越えられたと思います」としみじみ振り返った。

 同じく一人二役を演じた芳根も「太鳳ちゃんと一緒に累を作れて本当に良かった」と話し、最後のあいさつでは、「太鳳ちゃんと手をつなぎ合って、身を削って苦しみながら、命を懸けて撮影させてもらいました」と語り、涙をあふれ出させた。そんな芳根を土屋が優しいハグで包み込み、会場を和ませた。

 一方、2人から思いを寄せられる舞台演出家の烏合を演じた横山は、モテ男を演じた感想について、「プライベートと何ら変わりはないな…」と冗談めかしながら「こんな光栄なことはありません」とにっこり。映画の内容にちなみ「優越感」について聞かれると、「ライブをしている時などは、関ジャニすごいなって思ったりはします」。「劣等感」については「(肌の)色の白さ。撮影などで、僕が急にカメラ前に立ったりしたら、照明さんがちょっとザワつく。その時は申し訳なく思います」と答え、笑わせていた。

 映画は9月7日からロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます