監督組合賞(DGA)ノミネーションが発表に

2015.1.14 14:56配信
『アメリカン・スナイパー』(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPA

監督組合賞(DGA)のノミネーションが発表になった。候補入りを果たしたのは、ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、クリント・イーストウッド(『アメリカン・スナイパー』)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)、モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』)。

その他の画像

候補入りが有力視されていた『Selma(原題)』のアヴァ・デュヴァーナイ、『ゴーン・ガール』のデヴィッド・フィンチャーが漏れたのが一番のサプライズだ。代わって、作品部門、主演男優部門で有力視されていたものの、監督部門ではそれほど注目されていなかった『イミテーション・ゲーム~』のティルドゥム、今回の賞レースでやや遅れを取っていた『アメリカン・スナイパー』のイーストウッドが食い込んでいる。また、先日、ゴールデン・グローブのコメディまたはミュージカル部門作品賞を受賞した『グランド・ブダペスト・ホテル』は、DGAにも候補入りしたことで、オスカーに向けてはずみをつけた形だ。

DGAの結果はオスカーの監督部門の結果と重なることが多いため、業界内では重要視されている。授賞式は2月7日。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング