JALの新CMに出演する嵐の櫻井翔

 日本航空(JAL)「Fly for it! 一緒なら、もっと飛べる。」記者発表会が23日、東京都内で行われ、嵐の櫻井翔が登場した。

 同社の新CMに出演する嵐は、CM内で、「東京2020大会」開催2年前を迎え“自分たちも何かにチャレンジしてみたい”と、仲間と共にチャレンジするポジティブな心情を表現している。

  屋上での撮影エピソードを披露した櫻井。「向かいの高校の屋上のプールから、生徒たちがみんな一斉にわーっと手を振るので、わーっと振り返したら、『誰ですかー』って聞かれました」と、誰だか気付かれなかった自虐エピソードを披露して、笑いを誘った。 また、「5人で声をそろえるシーンは、『僕たちはすぐに声がそろうので大丈夫ですよ』って言っていたのですが、暑いのもあって、なかなか声がそろわずに3、4テイクくらい重ねましたね」と振り返った。

 新CMにちなみ、「2020年までに始めたいことは?」と振られると、「番組で『朝活』という、夜型人間の櫻井を朝型に変えようという企画をやってるんです。朝早くに山の上できれいな景色と共にパンを食べたり、富士山を眺めながら温泉に入ったりしているので、あと2年で朝型人間に変えていこうと思ってます」と目標を掲げた。

 これまで6大会の五輪会場に足を運んでいるという櫻井。「印象に残っている大会は?」との質問には、「北京オリンピックですね。北島康介選手が金メダルを獲って、センターポールに日の丸が掲げられたのが、強烈に印象に残っています」と話した。「2020年に向けて、アスリートの皆さんはもちろん、日本全国民でこれから2年を盛り上げていけたらいいなと思います」と東京五輪への思いも語った。

 新CMは9月15日から放映開始。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます