Creature Creature 撮影・大島康一

7月8日東京・新宿ReNYにて、Creature Creature「Beyond Light & Lust」ツアーファイナル公演が行われた。本記事では、ライブレポートと、MORRIEへのアフターインタビューを掲載する。

2005年末にその姿を現し、翌年にシングル3枚と1stアルバム『Light & Lust』をリリース、シーンに衝撃を与えたCreature Creature。メンバーは変動しつつも活動を重ね、昨年4thアルバム『Death Is A Flower』をリリースし、今年1月にこのツアーを持って「休眠」することを発表した。

この“Creature”は眠りにつく前に、どんな姿を我々に見せてくれるのか。

MORRIE(Vo) 撮影・大島康一

HIRO(G)、Shinobu(G)、人時(B)、ササブチヒロシ(Dr)、そして最後にMORRIE(Vo)がステージに登場。Shinobuの不穏なギターから始まったのは『Death Is A Flower』。禍々しい雰囲気から一転して『Dream Caller』へ。

人時の低音が響くイントロから、鮮やかなサビへ切り替わる瞬間が心地よい『虚空にハイウェイ』、緻密なのにどこか掴みどころのない、Creature Creatureの世界に引き込まれる。

Shinobu(G)、MORRIE(Vo) 撮影・大島康一

『Fire Burn With Me』、『くるめき』といった疾走感と躍動感を併せ持つナンバーから、ダウナーな『Mirrors』や、サーチライトを手にしたMORRIEのパフォーマンスが印象的な『天醜爛漫』まで、Creature Creatureならではの楽曲群で観客を魅了していく。

そして、グルーヴィーな『愛と死の遊戯場』でフロアを揺らし、終盤は『Sexus』、『Dead Rider』などのハイスピードナンバーを畳み掛け、『Swan』で圧巻というほかない本編は幕を閉じた。

HIRO(G) 撮影・大島康一

アンコールの声にこたえてステージに再び登場するメンバー。

『夢鏡』や、『春の機械』で幻想的な空間を作り上げ、「始まりがあるものには終わりがあります」と、12年の活動に終止符を打つというMORRIE。

「“今ここ”で体験していることは、想い出として、記憶として、胸に刻みますよね。しかし、それを思い出すのも、あるいは、未来を考えたりするのも、“今ここ”でしかない、そうですよね? そして、この“今ここ”が永遠に続いてゆく」とオーディエンスに語りかけ、「とりあえず、今はCreature Creatureを眠らせてください」と述べると大きな拍手に迎えられる。そして、メンバーひとりひとりにコメントを求める流れに。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます