デル、新型ゲーミングPC「ALIENWARE」、デスクトップ用GPUの外付けに対応

2015.1.15 17:8配信
新型「ALIENWARE」

デルは、プレミアムゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の2015年モデルとして、ゲーミングノートPC「ALIENWARE 17」「ALIENWARE 15」「ALIENWARE 13」を発売した。

17.3インチの新型「ALIENWARE 17」は、炭素繊維を多く含む骨格と、アルミニウムで形成した新型シャーシに刷新。強靭なボディはそのままに、従来モデルに比べ約30%薄くなった。グラフィックスには最新アーキテクチャであるMaxwellのGeForce GTX 980M/970Mを、CPUには第4世代Core i7 プロセッサーを採用する。「ALIENWARE」史上最高のパワーを誇るフラッグシップモデルに生まれ変わった。

ノートPC最高レベルの2対の銅製ヒートシンクが発熱を徹底的に冷却し、安定動作をもたらす。また、ノングレアのフルHD IPS液晶を採用し、タッチディスプレイも選択できる。このほか、「AlienFXライティングシステム」対応のフルサイズキーボードと九つのゲーム用プログラムキーを装備する。

サイズは、高さ34.4×奥行き292.0×幅430.0mmで、重さは約3.8kg。4モデルをラインアップする。税別価格は20万9800円から。

15.6インチの新型「ALIENWARE 15」は、新型「ALIENWARE 17」同様、炭素繊維を多く含む骨格とアルミニウムによって形成された強靭なボディをもつ。旧「ALIENWARE M15x」以来の15インチノートブックとして復活した。グラフィックスにはGeForce GTX 980M/970MとRadeon HD R9 M295Xを、CPUには第4世代 Core i7/i5 プロセッサーを採用。カバンに収まるサイズで、ノートPC最高レベルのパワーを発揮する。

シャーシ内部には、銅製ヒートシンクを1台搭載し、抜群の冷却性能でゲームプレーをサポートする。ノングレアのフルHD IPSディスプレイは、解像度3840×2160のウルトラHD液晶の選択にも対応。ノートPCで初めて4Kゲーミング環境を実現した。

サイズは、高さ34.0×奥行き270.0×幅386.0mmで、重さは約3.2kg。4モデルをラインアップする。税別価格は17万9800円から。

エントリモデルの新型「ALIENWARE 13」は、グラフィックスにGeForce GTX 860Mを標準搭載し、13インチクラスで最高レベルのゲームパフォーマンスを実現。炭素繊維の骨格で形成したきょう体内部には、抜群の冷却性能を発揮する銅製のヒートシンクを装備する。ノングレアのフルHD IPS液晶は、2560×1440ピクセルの密度と超広視野角で鮮明な映像を再現するクアッドHDタッチディスプレイも選択できる。CPUは第5世代 Core i7/i5 プロセッサー。

サイズは、高さ27.9×奥行き235.0×幅328.0mmで、重さは約2.1kg。4モデルをラインアップする。税別価格は14万4800円から。

「ALIENWARE 17」「ALIENWARE 15」「ALIENWARE 13」は、全モデルでSSDが搭載できる。また、OSはWindows 8.1 64ビットで、ゲーマーのニーズに合わせてWindows 7 Professionalが選択できる。カラーは、エピックシルバー。このほか、専用グラフィックスドック「ALIENWARE Graphics Amplifier」に対応した。

「ALIENWARE Graphics Amplifier」は、「ALIENWARE」ノートブックに接続してグラフィックスパワーをブーストする専用ドック。460Wのパワーユニットを内蔵し、デスクトップ用のGeForce/Radeonグラフィックスカードを装着して使用する。周辺機器の接続に対応するUSB 3.0ポートを4基備える。サイズは、高さ174.0×奥行き410.0×幅186.0mmで、重さは3.5kg。税別価格は、2万9800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング