©Marvel Studios 2018

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、映画『アントマン&ワスプ』がいよいよ2018年8月31日(金)日本公開されます。

この度来日したペイトン・リード監督にインタビュー!

1作目から『アントマン』シリーズを作り上げたペイトン・リード監督

---アベンジャーズが壮大な規模の戦いを描いている一方で、『アントマン&ワスプ』はそのストーリーを受け継ぎつつも“小さな”世界での戦いを描いています。その対比を作る難しさはありましたか?

「それほど難しいとは思わなかったです。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の後ということもわかっていたんですけれども、私たちのストーリーテリングは全然違うので、もっと親密なコメディータッチでもっとエモーショナルで家族の話っていうことなんですよね。

マーベル映画が成功しているのは、それぞれの映画がみんなスタイルが違うということにあると思います」

---本作をコメディータッチにするために、制作や撮影の際に意識したことはありますか?

「私の仕事の一部というのは、やはり映画のトーンで現場のトーンを一緒にさせるということだと思っています。

また俳優さん達から技術的な心配をさせないようにする、それから守るということもあると思います。

ポール・ラッド(アントマン/スコット役)もエヴァンジェリン・リリー(ワスプ/ホープ役)もマイケル・ダグラス(ピム博士役)にしてしても皆同じだと思うんですけども、やはり現場で楽しみたいというんですね。

楽しい雰囲気があればリラックスしてよりコミカルな演技もできるし、あるいはもっと感情的なシーンでももっと良い演技ができるというふうに思っています。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます