中川晃教が新たな“CONNECTION”に挑む!

2015.1.16 17:00配信
中川晃教 中川晃教

大澄賢也が構成・演出・振付を手がけ、一流のシンガーとダンサーを揃えて贈るショー『THE SHOW INFECTED “CONNECTION”』が3月、上演される。

THE SHOW INFECTED “CONNECTION”チケット情報

「ダンサーにとっての言葉である踊りと、シンガーの言葉である歌がひとつに重なって、どのようにショーとして完成するか。その作り方を含めて、挑戦です」と語るのは、シンガーとしてショーの中軸を担う中川晃教。企画の発端は、大澄と中川の会話だったという。

「僕が出演した『ピトレスク』を賢也さんが観に来てくれた時、楽屋で『賢也さん、ショーを作ったほうがいいよ』と言ったら、賢也さんも『ちょうどやりたいと思っていたんだよ。アッキーの声があれば作りたいショーができる』と言ってくれたんです。僕自身、ミュージカルコンサートで経験を積ませてもらっていますが、出演者それぞれが大ナンバーを歌って盛り上がるスペシャル感は素晴らしい。その魅力を保ちつつ、少し違ったショーもできないかと考えていたところでした」。

今回の舞台は二部構成。一部では『白鳥の湖』の楽曲を様々なアプローチで歌い踊りながら男女のドラマを描き、二部ではフレッド・アステアやボブ・フォッシー、彼らの影響を受けたマイケル・ジャクソンなどの楽曲を、現代風のアレンジも加えながら綴っていく。

「賢也さんから構成を聞いて、なるほど!と。僕達が育って来た音楽を遡ると、先人達が残したものに行き着きますよね。僕もポップスとクラシックを掛け合わせた『POPSSIC』というアルバムを出していて、クラシックはインスピレーションの源のひとつ。普遍的な名曲が、様々なリズムや身体と出会った時、想像しなかったものが浮かび上がるはずです。クラシック、ポップス、ロック、ジャズ……と様々なジャンルを辿りながら、新しい“CONNECTION”を作り、オリジナリティあるエンテインメントを築きたいですね」。

来年、デビュー15周年。今年は節目に向けての大切な1年でもある。シンガーソングライターとしてキャリアをスタートさせ、ミュージカルや演劇に出合って飛躍を続けてきた中川は今、どのような思いでステージに臨んでいるのか。

「最初はミュージカルも中川晃教として演じていた気がするけれど、ある時期から役を生きること、役と自分とのバランスをどう取るかが面白くなってきました。ステージに立った時、目の前の客席を“宇宙”だと感じることがよくあります。孤独であると同時に、お客さんが待ってくれていて、スタッフや共演者と共に目指す世界が存在する。今後も色々な舞台を経験し、表現の幅を広げていきたいです」。

公演は3月19日(木)から22日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて。チケットの一般発売は1月24日(土)午前10時より。なおチケットぴあではインターネット先着先行「プリセール」を実施中、1月20日(火)午後11時59分まで受付。

取材・文:高橋彩子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング