BCN、「BCN AWARD 2015」「BCN ITジュニア賞 2015」の表彰式を開催、参加者は350人規模に

2015.1.16 20:32配信
「BCN AWARD 2015」が開催

BCN(佐藤敏明社長)は、1月16日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電のジャンル別に年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2015」の表彰式を、すぐれた技術をもつ若者を表彰する「BCN ITジュニア賞 2015」の表彰式を開催した。

会場には、「BCN AWARD」受賞企業やデータ提供店の代表者、「BCN ITジュニア賞」を受賞した学生、その指導教員などに加えて、今回は歴代の「BCN ITジュニア賞」受賞者がOB/OGとして集まったほか、「BCN ITジュニア特別賞」を設けて中国から学生を招待。350人規模の盛大なイベントになった。

「BCN AWARD」は、全国の家電量販店、パソコン販売店、ネットショップから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづいて、部門(ジャンル)ごとに年間の累計販売数量が最も多かった企業を表彰する賞。16回目となる「BCN AWARD 2015」の対象期間は2014年(2014年1月1日~12月31日)で、ハードウェア85部門、ソフトウェア33部門の計118部門・58社が受賞した(詳しくはこちら= http://bcnranking.jp/news/1501/150109_29662.html)。

開催に先立って、BCNの佐藤社長が登壇。「『使う人』『売る人』『つくる人』のものづくりの環を支えながら、『BCN AWARD』のロゴマークである金ロゴマークを東アジアに広げていく」と述べた。

「BCN AWARD 2015」の表彰式では、データ提供店の代表者がプレゼンターとなって、受賞企業の代表者にそれぞれトロフィーを授与した。今回は、それぞれの受賞企業がレッドカーペットを歩いて登壇し、トロフィーを受け取った。

トロフィー授与後には、BCNの道越一郎エグゼグティブアナリストが受賞社代表に公開インタビュー。インタビューを受けた受賞者は、2014年の市場や今後の取り組みなどについて語った。

続いて、「BCN ITジュニア賞 2015」の表彰式が開催された。「BCN ITジュニア賞」は、NPO法人ITジュニア育成交流協会の推薦にもとづき、前年度に実施したIT関連のコンテストで優秀な成績を収めたチームや個人を表彰する賞。開催に先立って、協会の協賛企業を代表して、シー・エフ・デー販売の森下正敏社長が挨拶。「パソコンの組み立て教室を実施したところ、学生たちがとても喜んでくれた。今後も支援というかたちで取り組んでいきたい」との考えを示した。

今年で10回目という節目を迎えた「BCN ITジュニア賞 2015」では、5チームと個人5人に、それぞれ賞状とトロフィーが授与された。受賞者には、ITジュニア育成交流協会の協賛企業から提供された副賞も贈呈される。

受賞者代表として、大阪府立大学工業高等専門学校の三上和馬さんが登壇し、受賞に感謝の言葉を述べたうえで、「この賞を機に、ほかの受賞者とも交流していきたい」との考えを示した。また、今回は「BCN ITジュニア賞」受賞者のOB/OGも参加。代表して、第1回目に受賞し、現在はあおばで代表社員を務める上村直也氏が挨拶。「一つのことに固執せず、さまざまなことにチャレンジして、さまざまな人と交流してほしい」と、後輩にアドバイスした。さらに、「BCN ITジュニア特別賞」の表彰式も開催し、中国・成都から成都東軟学院の学生が来日した。

「BCN AWARD 2015」の受賞社を代表して、ページプリンタ部門を受賞したブラザー販売の片山俊介社長が登壇。「消費増税や総選挙、自然の猛威などが、消費者の動向を左右した」と、2014年を振り返ったほか、「メーカーとして消費者の意欲を高める商品を開発しなければならない」と訴えた。

データ提供店の代表として挨拶に立ったエディオンの岡嶋昇一副会長は、「消費税の影響が5~6月まで続くが、各企業による春の賃上げなどがあることから、夏以降は期待していいのではないか」と2015年を予想したほか、「BCN ITジュニア賞の受賞者が、業界を背負って立つことにも期待したい」と話し、約2時間にわたる表彰式を締めくくった。

■お知らせ 「BCN AWARD」特設ページ( http://bcnranking.jp/award/ )では、1999年の年間データにもとづく「BCN AWARD 2000」以降の年度別受賞企業や、部門別受賞企業を紹介しています。販売台数1位の「BCN AWARD」受賞企業を含め、部門ごとにシェアトップ3メーカーとその販売台数シェアを公開していますので、ぜひご覧ください。

~2014年の各ジャンルのトップ3企業とシェアを公開~

http://bcnranking.jp/award/gallery/index.html

いま人気の動画

     

人気記事ランキング