手を立てた状態でつかむロジクールのマウス新製品「MX Vertical」

ロジクールは8月27日、マウスの新製品「ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」の販売を9月20日に開始すると発表した。同社として初の「縦型」で握るマウスで、肩こりなどの原因となる筋肉の緊張を低減できるという。オープン価格で、実勢価格は税別1万2880円。

MX Verticalは、ボタンなどが設置面に対して57度傾いた位置に配置されているのが特徴。通常のマウスは上から手をかぶせるように保持するのに対し、この製品は握手をするときのように手を立てた状態で握る。マウスを操作する際に発生する、肩こりや腱鞘炎の原因となる筋肉の緊張を10%軽減できるという。

ロジクールのグローバル本社である米ロジテックで、エルゴノミクス(人間工学)分野の戦略責任者を務めるラーズ・ホルムズ・ローリセン グローバルプロダクトマネージャーは、「人々の健康意識が強くなるなか、オフィス環境の健康にも関心が高まっている」と指摘。MX Verticalの開発にあたって、「人の手でつくった木製の模型や、3Dプリンタによる試作品を使用して、多くの異なるユーザーの筋肉の緊張や活動量を測定した」といい、さまざまな試験を通じて「57度」の角度が最良との結論を得たと説明した。

電源は内蔵の充電式リチウムポリマー電池で、1分間の充電で最長3時間、フル充電時で最長4か月の使用を可能としている。充電用端子はUSB Type-C形状。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます