機能性とデザイン性を追求した「Eufy」ブランドのロボット掃除機

Ankerグループの日本法人、アンカー・ジャパンは8月28日、家電ブランド「Eufy」でロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」の販売を、Anker公式オンラインストア、Amazon.co.jp、一部家電量販店などで開始したと発表した。税込の販売価格は2万4800円。なお、800個限定で3000円オフの2万1800円で販売している。

従来モデルの「Eufy RoboVac 11」と比べて、吸引力と静音性を強化。最大1300Paの吸引力と独自の「BoostIQテクノロジー」によって、フローリングやカーペット、畳などの床環境に合わせてしっかりと掃除する。加えて、一般的な電子レンジの動作時と同程度の静音性(55dB)も実現した。本体の高さが7cmほどの超薄型設計ながら、2600mAhの大容量バッテリと0.6Lの大容量ダスト容器を備えているため、強力な吸引力を維持したまま最大100分間の連続稼働が可能となっている。

また、充電中もインテリアとして部屋に溶け込むよう強化ガラスカバーを上面に採用しているほか、集めたゴミが目立たないようダスト容器に半透明加工を施して、フロストガラスのようなスタイリッシュで高級感のあるデザインに仕上げている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます