富士フイルム、写真をスマートフォンや携帯電話に転送できるコンパクトデジカメ「FinePix Z1000EXR」

2012.2.2 18:52配信
FinePix Z1000EXR

富士フイルムは、撮影した画像をスマートフォンや携帯電話に送信して友人とシェアできるコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z1000EXR」を、2月18日に発売する。カラーは、ピンク、ジェイドグリーン、シャンパンゴールド、ホワイトの4色。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

35mmフィルム換算で28~140mm相当のフジノン光学式5倍ズームレンズと、有効画素数1600万画素の「EXR CMOSセンサ」を搭載。ISO3200以上の高感度撮影で発生しやすい画像ノイズを約30%低減する。

光学ズームに加えて、さらに2倍の10倍ズーム(EXR AUTOモード時)まで高い解像感を実現する「超解像ズーム」を搭載し、デジタルズームでぼやけがちな輪郭部をくっきり美しく表現する。

無線LANを利用した「スマートフォン送信機能」と、赤外線による「高速赤外線通信機能」を搭載。スマートフォンの場合は、無料の専用アプリ「FUJIFILM Photo Receiver」をインストールすることで、本体からAndroid搭載スマートフォンやタブレット端末、iPhone、iPadに撮影した画像を転送することができる。また、mixiやFacebookなどのSNSへ画像をアップロードできる。

撮影機能では、103パターンの撮影条件に合わせてカメラの設定を自動的に行う「プレミアムEXR AUTO」や、一度ピントを合わせると顔が動いてもピントを合わせたまま撮影できる「顔追尾AF」、高感度で4枚の画像を連写し、画像処理によって重ね合わせることでブレを補正する「インテリジェントブレ防止」モードなどを備える。

ボディ前面のレンズ脇には「自分撮りミラー」を搭載。ほかにも、設定した人数の顔をカメラが認識すると、自動的にシャッターを切る「自分撮りタイマー」や、2人の顔が近づくとシャッターを切る「恋するタイマー」などのセルフタイマー機能を搭載する。さらに、「顔キレイナビ」モードで撮影した人物に対して、3種類のモードを3段階で調整可能な「フェイスレタッチ機能」を備える。

液晶画面は、約46万ドットの高解像度3.5型タッチパネル液晶で、画面をタッチした2本の指を広げたり狭めたりして、写真を拡大・縮小できる。また、画面にタッチしてピント合わせをする「タッチEXRオート」や、画面を分割してそれぞれに別の動画を独立して再生する「2画面サクサク再生」に対応する。

対応メディアは、SDXC(UHS-I対応)/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは約62MB。サイズは幅102.1×高さ59.7×奥行き18.3mmで、重さは約157g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング