映画『アニー』本編映像が公開

2015.1.19 13:12配信
『ANNIE/アニー』

ブロードウェイ・ミュージカルの傑作を32年ぶりに豪華キャストで映画化する『ANNIE/アニー』の本編映像が公開になった。主人公アニーと彼女と共同生活をすることになったスタックス、そしてアニーの里親ミス・ハニガンが映画のオリジナルナンバー『WHO AM I?』を歌うシーンだ。

本編映像の一部

本作は、溌剌とした孤児の少女アニーとワケありな大富豪の交流を、舞台を現代のニューヨークに移して描くミュージカル映画。『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』で注目を集めた天才子役クワヴェンジャネ・ウォレスがアニーを演じるほか、『Ray〈レイ〉』のジェイミー・フォックスが、アニーの運命を変えるIT長者スタックスを演じている。

本作でキャメロン・ディアスが演じるハニガンは、歌手になる夢をかなえられず、子どもたちに八つ当たりしては憂さを晴らしているが、自分を見失ったままでいる女性だ。一方、スタックスも富と名誉を手に入れ、次期市長候補と呼ばれるほどの成功をおさめているが、極度の潔癖症で他人に心を開くことができないでいる。そんなふたりは、どんなときにも笑顔を忘れないアニーと出会うことで、少しずつ自分の状況を見つめなおしていく。やがてふたりは『自分は一体、誰なんだ?(WHO AM I?)』と自問する。公開された場面は映画の中でキャラクターたちの気持ちが大きく動き出す重要なシーンだ。

フォックスは「人々は、とても裕福な人、とても貧乏な人、両極端でありながら、実は似ていたりする。恵まれない人はあまりにもの辛さに、生きていく意味はあるのかと思うかもしれない。すべてを手に入れてしまった人は、逆にすべてが手に入ったので、その先に生きる意味はあるのだろうかと思うかもしれない」と分析する。

観ていてワクワクするナンバーと、観客が自分自身について考えさせられるような深いドラマが描かれる『ANNIE/アニー』は、長年に渡って様々な人々を魅了してきたが、映画公開を機にさらにファンを増やすことになりそうだ。

『ANNIE/アニー』
1月24日(土)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング