特別な日をどう過ごす? キャストならではの楽しみ方

©Disney

北風が強く寒い中、パークは特別な日を楽しむゲストの熱気に溢れていました。普段キャストとして働いているからこその楽しみ方を見てみましょう。

まずは、サンクスデーでしかできない、同じロケーションでの大集合写真。

お揃いの光り物やカチューシャで来るグループも大勢いました。

迎える側は手作りの看板を用意して「ありがとう」の気持ちを伝えてくれます。

自分の上司が働いている姿を見られるのも、サンクスデーならではです。

 

©Disney

さらに、プーさんのハニーハントの待ち時間が「821分」(ハニー)になったり、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”の待ち時間が「549分」(ゴーシーク)になったり、アトラクションにも特別な演出がされていました。

また、今日のお目当てを聞いてみると、意外にも「食べ物」と「買い物」と答える人が多くいました。

というのも、サンクスデー限定のフードや、特別価格の商品が登場するなど、サンクスデーらしい特典があるため。

皆さん2時間半という限られた時間を有効的に楽しんでいるようでした。

身内で大盛り上がりできる特別な日では、とにかく「楽しい!」という声が多く聞かれました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます