原恵一監督最新作の正式タイトル&キャストが決定

2015.1.20 11:21配信
『百日紅~Miss HOKUSAI~』 (C)2014 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

『河童のクゥと夏休み』『カラフル』の原恵一監督の最新アニメーションの正式タイトルが『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』に決定し、5月に公開されることが発表になった。主人公のお栄の声を女優の杏が務める。

その他の写真

本作は、江戸を舞台に、3万点を超える浮世絵を発表し、庶民を魅了した浮世絵師・葛飾北斎と、北斎を支え、後に自身も浮世絵師となった娘・お栄(葛飾応為)を通して、江戸の町で生きる人々の姿を描く群像劇。江戸風俗研究家でもある漫画家・文筆家の杉浦日向子の同名漫画をアニメ化したもので、プロダクションI.Gが制作を務める。

「制作当初、コンテ作業のタイミングから、お栄を杏さんに演じて頂きたいと考えていました」という原監督は「ドラマ『キルトの家』が役者としての杏さんを意識するきっかけになり、その後も自然な演技が印象的な方だなと思っていました。一方で、バラエティ番組で豪快な負けっぷりをされている姿を拝見し、落ち着いてどっしりとしていらっしゃるが、少し風変わりでおもしろい女性だなと思いました。また歴史好きというところから、杉浦さんがお好きなのではと思い、今回のオファーに至りました」と説明。

杏は『百日紅』の大ファンだったこともあり、オファーを快諾。収録前に脚本を読み「様々な要素が盛り込まれた、杉浦日向子の世界がそのまま映像化されます。軽妙洒脱な会話のやり取りも楽しみです」とコメントしている。アフレコ収録は1月末から始まる予定で、4月に完成予定。5月から日本で公開されるが、原監督の才能は海外でも高く評価されており、様々な国や映画祭で上映されることになりそうだ。

『百日紅~Miss HOKUSAI~』
5月、全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング