主人公・鮎喰響役で映画初主演を果たした平手友梨奈

 映画『響-HIBIKI-』の完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の平手友梨奈(欅坂46)、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹と月川翔監督が登壇した。

 柳本光晴氏の人気コミック「響~小説家になる方法~」を実写映画化。低迷する文学界に突如として現れた一人の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)を軸に、周囲の人々の心の葛藤や交錯を描いた人間ドラマ。

 主人公・響役で映画初出演にして初主演を果たした平手。元々原作を読んでいたそうだが、オファーが来た当初の気持ちを、「初めての映画が主演だし、他の皆さんに絶対に迷惑をかけるし、飽き性なので、絶対に無理だと思いました」と振り返った。それでも、長期間にわたる撮影は「全然、大丈夫でした」といい、撮影終了時の心境については「まだ響でいたいとずっと思ってました。響が大好きだというのは、ずっと変わってないので」とマイペースにコメントした。

 原作者から、「響の持つ、こびない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとあまりにもぴったり」と絶賛されている平手だが、本人は響との共通点について「最近は『似ている』と言われ過ぎて、本当なのかな…という感じになっちゃって。自分ではあまり似ているとは思ってないです」と苦笑いしていた。

 響をサポートする女性編集者・花井ふみを演じた北川は、平手について「顔合わせの時はお互いに緊張していましたが、実際に撮影に入ってからは、自然と響とふみになれていたと思います」。現場での息はぴったりだったようで、撮影合間には「食べ物の話ばっかりしていた」という。平手も「ふみがいると安心します。(北川さんは)本当に“ふみ”という感じでした」と厚い信頼を口にしていた。

 映画は9月14日から公開。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます