ニコンイメージング、Twitterからの応募で「D5500」が当たる「CP+2015ニコンブースに『着(つ)いったー!』キャンペーン」

2015.1.22 18:58配信
キャンペーンサイトの画面イメージ

ニコンイメージングジャパンは、カメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2015」の開催期間中に、Twitterから応募するとニコンのカメラが抽選で当たる「CP+2015ニコンブースに『着(つ)いったー!』キャンペーン」を開始する。

ニコンCP+2015キャンペーンのアカウントをフォローし、ハッシュタグをつけて「CP+2015」への思いや感想を投稿すると、ニコンDXフォーマット対応のデジタル一眼レフカメラ「D5500 18-55 VRII レンズキット(ブラック)」が抽選で1名に当たる。ニコンブースの様子を「写真+ハッシュタグ」をつけてツイートすると、当選確率が2倍になる。

「CP+2015」は、横浜市のパシフィコ横浜で2月12~15日に開催。ニコンブースでは最新カメラの体験ができる。デジタル一眼レフカメラ「DXシリーズ」から「FXシリーズ」に加え、ミラーレス一眼カメラ「Nikon 1」、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」など、ニコンのオールラインアップを実際に触れることができるコーナーを用意する。

また、趣向を変えた二つのステージに、多彩な顔触れの写真家や著名人が勢揃い。多彩なセミナー講師陣が、最新機種のプレゼンテーションから撮影テクニックの公開まで、ユーザーの「もっと知りたい」に応える。さらに、さまざまな被写体が撮影できる「imagination space」や、大人気の自分撮りのコツを学ぶ「自分撮り体験コーナー」など、ニコン製品の性能を存分に体感できる三つ撮影体験コーナーで「撮る楽しみ」を堪能できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング