『シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島』が今夏公開

2015.1.23 13:19配信
『シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島』 (C)プロジェクト シンドバッド

世界名作劇場シリーズや『ちびまる子ちゃん』などを手がけてきた日本アニメーションの40周年記念作品『シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島』が7月に公開されることが決定した。日本アニメーションと『STAND BY ME ドラえもん』の白組が共同で企画とプロデュースを担当する。

その他の情報

本作は、未知の世界を夢見るシンドバッドと相棒のお猿・ミミが、空かける木馬に乗った少女サナに出会ったことから始まるアドベンチャー大作。『ドラえもん のび太の恐竜2006』で演出を担当した宮下新平が監督を務め、世界名作劇場シリーズでメインアニメーターとして活躍してきた佐藤好春がキャラクターデザインと作画を手がける。

プロデューサーの小池賢太郎と井上孝史は「この企画の製作のテーマは“継承”。親から子へ、時代を超えて受け継がれるべき大切なことを不朽の名作にのせて、今の時代にあった形で映像化したいと考えています」とコメントしている。

『シンドバッド 空飛ぶ姫と秘密の島』
7月全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング