マイクロソフト、次期OS「Windows 10」を無料提供、搭載デバイス2機種も発表

2015.1.23 18:00配信

米マイクロソフトは、今年後半に発売予定の次期OS「Windows 10」と、スクリーンのないデバイス「Microsoft HoloLens」、大画面デバイス「Surface Hub」を発表した。

Windows 10は、より安全で革新的な最新のユーザー体験を提供するために、デバイスのサポート期間中は、無料で提供する。Windows 8.1/7、Windows Phone 8.1ユーザーは、Windows 10の提供から1年間は、無償でアップグレードできる。

Windows 10では、昨年Windows Phoneに搭載したパーソナルデジタルアシスタント「Cortana」が、Windows 10 PCとタブレットで利用できるようになる。個人的なアシスタントとしてユーザーの好みを学習し、適切なおすすめや、情報への迅速なアクセス、重要なリマインダーを提示。大切な事柄への注意を促す。

また、相互運用性に配慮して開発した新しいブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)を搭載。キーボードやペンを使ってウェブページに直接注釈を付けて友人と簡単に共有できる機能や、オンラインとオフラインのウェブ記事をシンプルなレイアウトで表示し、読みやすくするリーディングビュー、検索をはじめとするさまざまなアクションをオンラインでより迅速で正確に行えるCortanaの統合など、Windows 10専用の新しいインターフェースと操作性で提供する。

Windows 10上の「Xbox」で、ゲームユーザーとゲーム開発者は、Windows 10PCと家庭用ゲーム機「Xbox One」の両方から「Xbox Live」のゲームネットワークのベストな部分にアクセスできる。ゲームのプレーヤーは、Game DVRでゲームの最高の瞬間をキャプチャして編集し共有したり、さまざまなデバイスで友人と新しいゲームを遊んだりすることができるようになる。Windows 10の「DirectX 12」アプリケーションプログラミングインターフェース用に開発されたゲームは、スピード、効率、グラフィック機能が大幅に向上。プレーヤーは、自分のPCでゲームすることも、自宅でXbox One本体からWindows 10タブレットやPCへゲームを直接ストリーミングすることもできる。

Windows 10のユニバーサルアプリケーションであるOfficeは、新バージョンのWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookがタッチ操作に最適化。簡単にWordでの文書作成や編集ができるほか、PowerPointの新しいインク機能を利用してリアルタイムでスライドに注釈をつけることができる。また、タッチ操作で使いやすいExcelの新しいコントロールを利用すると、キーボードやマウスを使うことなく、スプレッドシートの作成や更新が簡単にできる。現在、次期バージョンのOfficeデスクトップ製品も開発中で、数か月以内にさらに詳しく発表する予定。

このほか、2-in-1デバイスでのキーボード、マウス、タッチ、タブレットの操作は、Windows 10が変化を検出してモードを変える「Continuumモード」が利用できる。また、写真、ビデオ、音楽、地図、SNSとメッセージング、メールとカレンダーのアプリケーションを標準装備。これらの標準装備アプリは、デザインを刷新し、全アプリと全デバイス共通のインターフェースになった。コンテンツは、OneDriveによって保存・同期され、あるデバイスで始めた作業を別のデバイスで続行できる。

Windows 10は、世界初のホログラフィックコンピューティング プラットフォームで、開発者が現実の世界にホログラフィを作りだすためのAPIが含まれている。Windows 10のホログラムがもたらす可能性の実例として、スクリーンのないデバイス「Microsoft HoloLens」を発表。シースルー方式のホログラフィック高精細レンズと奥行きのあるサウンドを特長とし、自分の近くに出現するホログラムを見て、その音を聞くことができる。高度なセンサとオンチップの次世代システムに加えて、ユーザーのアクションと周囲の状況を理解するまったく新しいホログラフィック処理ユニット(HPU)を備え、有線コードを一切必要とせずに動作し、センサからのリアルタイムな数TBのデータを処理する。

3Dホログラムをユーザーの近くに出現させることで現実に対する新たな目線をもち、ユーザーが見ているものを把握し、ユーザーの手の動きと音声を捉えて何をいっているのかを理解する。ユーザーをコンピューティング体験の中心に置き、新しい刺激的な創造、情報へのアクセス、エンターテイメント、コミュニケーションを実現する。

さらに、55インチと84インチの大画面デバイス「Surface Hub」を発表。マルチタッチとデジタルインキングのハードウェア革新と内蔵カメラやセンサ、マイクによって、Windows 10、Skype for Business、Office 365の利点を生かし、リモートやオンサイトを問わず、ユーザー全員が同じ共同スペースにいるかのような新しいユーザー体験を提供する。最新鋭のデジタルホワイトボーディング、インスタントリモート会議、複数のユーザーがノートPC・タブレット・携帯電話の画面上でコンテンツを共有、編集できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング