ユニットコム、「GeForce GTX 960」を採用した「iiyama PC」のゲーミングモデル

2015.1.26 14:25配信
GS7100-i7-RMB/GS7190-LCi7-RMB

ユニットコムは、1月23日、「iiyama PC」ブランドから、最新のミドルレンジグラフィックボードのNVIDIA GeForce GTX 960を採用したゲーミングデスクトップPCとして、「GS5150-i5-RMB」「GS5150-i7-RMB」「GS7100-i7-RMB」「GS7190-LCi7-RMB」の4機種8モデルを、パソコン工房など、ユニットコムグループの各ショップで発売した。

いずれの機種も、BTO初期構成はグラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 960、8GBのメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブで、Windows 8.1 Update 64ビット搭載モデルとWindows 7 Professional 64ビット搭載モデルを用意する。

「GS5150-i5-RMB」と「GS5150-i7-RMB」はミニタワーモデルで、80PLUS SILVER認証の500W ATX電源を搭載。インターフェースは、USB3.0×6、USB2.0×2、マザーボード側のディスプレイ出力としてDVI-D×1、DisplayPort×1、ミニD-sub15ピン×1などを備える。

「GS5150-i5-RMB」は、CPUにインテルCore i5-4590を採用する。税込み価格は、「GS5150-i5-RMB[Windows 8.1 Update]」が10万7979円、「GS5150-i5-RMB[Windows 7 Professional]」が11万4459円。

「GS5150-i7-RMB」は、CPUにインテルCore i7-4790を採用する。税込み価格は、「GS5150-i7-RMB[Windows 8.1 Update]」が12万4179円、「GS5150-i7-RMB[Windows 7 Professional]」が13万659円。

「GS7100-i7-RMB」と「GS7190-LCi7-RMB」はミドルタワーモデルで、インターフェースは、USB3.0×5、USB2.0×4、マザーボード側のディスプレイ出力としてDVI-D×1、DisplayPort×1、ミニD-sub15ピン×1などを備える。

「GS7100-i7-RMB」は、CPUにインテルCore i7-4790を採用し、80PLUS SILVER認証の500W ATX電源を搭載する。価格は、「GS7100-i7-RMB[Windows 8.1 Update]」が12万9579円、「GS7100-i7-RMB[Windows 7 Professional]」が13万6059円。

「GS7190-LCi7-RMB」は、CPUにインテルCore i7-5930K、80PLUS PLATINUM認証の850W ATX電源を搭載する。税込み価格は、「GS7190-LCi7-RMB[Windows 8.1 Update]」が25万3779円、「GS7190-LCi7-RMB[Windows 7 Professional]」が26万259円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング