上映後に拍手も!映画『KANO』に高い満足度

2015.1.26 16:53配信
『KANO~1931海の向こうの甲子園~』 (C)果子電影

「ぴあ」調査による2015年1月23日、24日のぴあ映画初日満足度ランキングは、永瀬正敏が主演する『KANO~1931海の向こうの甲子園~』がトップに輝いた。2位にブロードウェイ・ミュージカルの傑作を32年ぶりに映画化した『ANNIE/アニー』が、3位に孤独死した人を見送る民生係の主人公を通して“生”と“死”を描く人間ドラマ『おみおくりの作法』が入った。

その他の写真

1位の『KANO…』は、日本統治時代の台湾から甲子園に出場した嘉義農林学校野球部(KANO)の実話を日台混合キャストで映画化した作品。出口調査では、「漢人、現地の人、そして日本人がひとつの目標に向かって一丸となるという姿は今の時代にも通じるものがあり、調和の大切さを体現していると思った」「上映後に拍手が起きるというのを初めて経験した。混成チームが一丸となってプレーする姿に感動。良い映画だった」「野球が好きなので観に来た。約3時間と長いが、裏切られない良さがあり、周りの人たちがだんだん野球に興味を持っていく様子が印象的だった」「ダムを作る技術者と、台湾野球を発展させた監督、日本人の知らない日本人が登場し、台湾との関係を知るきっかけにもなる良作」「野球はひとりでは成立しないスポーツ。みんなで協調してひとつのことへ向かう姿に胸を打たれた」など、目頭を押さえて感想を話す観客の姿もあり、10代から80代までの幅広い世代からの支持を集めた。

2位の『ANNIE…』は、溌剌とした孤児の少女アニーとワケありな大富豪の交流を、舞台を現代のニューヨークに移して描くミュージカル映画。観客からは「昔の作品と比較しながら観たが、今作もよかった。人と人が心を通わし互いを理解するというベースにあるテーマが伝わってきた」「同じ原作でも携帯やfacebookが出てくるなど時代に合わせていて、オリジナルの精神を受け継ぎ、現代の人の感覚やニーズをうまく反映させていたのがよかった」「観ていてとても楽しくて、明るい気分になった。知っている歌もたくさん出てきて、とにかく元気になる映画だった」「周りの人に対するアニーの愛がたくさんつまっていた。オリジナルも観たが、現代版もおもしろかった」などのコメントが寄せられた。

(本ランキングは、1月23日(金)、24日(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング