映画『博士と彼女のセオリー』に高評価が集まる

2015.1.27 11:16配信
『博士と彼女のセオリー』 (C)UNIVERSAL PICTURES

天才物理学者のスティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻ジェーンの物語を描く映画『博士と彼女のセオリー』が高い評価を集めており、第87回アカデミー賞ではホーキング博士を演じたエディ・レッドメインと、ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズが“主演”男優賞と女優賞の候補になった。本作はホーキング博士の“伝記”映画ではなく、過酷な状況中で愛し合い、お互いを理解しようと苦闘する男女の姿を描いた感動ドラマだ。

その他の写真

本作は、ケンブリッジ大学に籍を置き、天才物理学者として周囲の期待を集めていたスティーヴンと、詩と言語の研究をしているジェーンが出会うことから物語がはじまる。ふたりは恋に落ちるが、スティーヴンはALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、余命2年を宣告される。しかし、ジェーンは諦めることなく、難病と闘い、彼と共に生きることを選択する。

結婚し、子をもうけ、進行していく病と何とか付き合っていく術をおぼえたふたりは、少しずつ生きる希望を見出していく。スティーヴンが提唱した新たな理論は多くの人々を驚かせるが、身体の自由がきかないスティーヴンと、彼のために家事や子育ての一切を取り仕切るジェーンは何度も何度も壁にぶつかり、迷い、苦しむ。映画は“偉業をなしとげた夫と、それを支えた妻”ではなく、愛し合った男女がそれぞれに悩みや欲望を抱えてぶつかり合いながら共に生きる道を新たに探し出す過程が描かれる。時にふたりの選択は多数の人々の考えとは少しだけ異なる場合もあるが、ふたりはそれぞれが生き延び、自分が壊れてしまわないように選択を積み重ねていく。

レッドメインはALSが進行していく過程に応じて身体や表情を巧みに制御し、制限された動きで観客の心に響く感情表現を見せる。また、ジョーンズはスティーヴンのために気丈に振舞うジェーンの行動や表情の端々に不安や恐れ、苦しみを繊細に挟み込んでいく。どちらもが本作の“主役”と呼んでいい存在で、アカデミー賞ではどちらもが“主演”として候補入りした。また、本作は同賞で作品賞、脚色賞、作曲賞にもノミネートされており、賞の行方が気になるところだ。

『博士と彼女のセオリー』
3月13日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング