付き合う前や、付き合い始めてすぐの頃は必ず来たメールやLINEなどの返信。

それが付き合ってしばらく経つと、返って来なくなったり、返っては来るけれどそっけなくなったり、ということはありませんか?

今回は、付き合い始めて連絡頻度が低くなった……そんな男性の心理をご紹介します。

男女間で“返信”に対する温度差がある⁉

最近ではLINEなどの電話やメールよりも気軽にメッセージを送れるツールが発達し、やりとりも続きやすい環境にはなっているものの、彼からの返信がなかなか返ってこないことってありませんか?

返信なんてほんの2〜3分でササッとできることなのに、どうしてしてくれないのでしょう。もう自分のことなんてどうでもよくなったのか、なんて不安になることもあるのではないでしょうか。

この、返信が来なくて不安になったり、腹が立ってつい彼を責めてしまったりする女心。実は仕方ないことなのです。

女性は連絡が来ると、返信しようとします。メールやLINEは大切なコミュニケーション。相手に何かを聞かれたらちゃんと答えようとしますし、相手からの返信も期待する傾向にあります。

そのため、終わらせるタイミングを掴めずに夜中までやりとりを続け、睡眠時間を減らしてしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。

さらに女性は、相手からの“思いやり”を感じることによって、愛情を確認する傾向があります。

「思いやりがあれば返信くらいできるはず」という考えから、返信が来ないことで相手の思いやりも減ったように感じてしまうのです。

しかし、男性にとって返信することは常識ではありません。

男性は「メッセージは用事があってはじめて送るもの」と考える傾向があり、用件がなければメッセージを送ることはありません。

そして返信についても、返信した方がいいけれど、返信するような用件がなければ無理にする必要はない、と考える男性は少なくありません。

つまり、女性は「私のことを好きなら返信をしてくれるはず」と思うところでも、男性は深く考えていない可能性が高いのです。

返信するのが当たり前と思っている女性と、返信しなくてもいいと考える男性。この返信に関する男女の考え方の違いが、女性の不安やイライラにつながってしまうのですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます