東芝、吸引力が向上した軽いコードレスサイクロン式クリーナー「TORNEO V cordless」

2015.1.28 12:14配信
「VC-CL1200」(左)と「VC-CL200」

東芝ライフスタイルは、グラスファイバー素材の軽いコードレスサイクロン式クリーナー「TORNEO V cordless」シリーズから、「VC-CL1200」と「VC-CL200」を、3月1日に発売する。価格はオープン。

本体、延長管、パワーヘッドに軽くて丈夫なグラスファイバー素材を採用することで、従来機種「VC-CL100」と比較して400g軽量化したコードレスサイクロン式クリーナー。充電池とモーターをハンドルの前後に分けて配置することで、持った際の重心の偏りを減らして軽い使用感を実現。パワーヘッドには軽量で高トルクのネオジウムモーターを採用することによって、掃除中でも軽い力で持ち上げることができる。

毎分最大11万回転のネオジウム磁石を採用した高効率ブラシレスモーターと、新開発の「ハイブリッド3Dターボファン」を搭載し、吸引力を向上。延長管の内径を細くすることで延長管の吸込口の風速を高めるとともに、独自の遠心分離サイクロン「バーティカルトルネードシステム」によって、吸引力低下の原因となる微細なゴミや花粉を99%以上分離し、吸引力を99%以上持続する。

パワーヘッドの回転ブラシには、フローリング、畳、じゅうたんなど、異なる床材に対応した毛ブラシを採用。「ゴミ残しまセンサー」によって、ベッドや家具の下といった目の届きにくい場所や、本棚の上、エアコンの室内機など、高い場所でもゴミの有無を確認しながら掃除できる。

ゴミの有無に応じて吸引力を変える「セーブモード」や、ヘッドを約3秒間浮かせると運転を一時停止する「節電ストップ機能」、「ゴミ残しまセンサー」の検知内容に応じてモードを切り替える「自動モード」などを備える。すっきりコンパクトに収納できる充電台が付属する。

バッテリ駆動時間は、「自動モード」時が約6~20分、「強モード」時が約6分、「セーブモード」時が約20~25分で、充電時間は約5時間。スティック状態でのサイズは幅224×高さ213×長さ1060mmで、重さは1.9kg。

「VC-CL1200」は、ふとん用ブラシ、洋服布用ブラシ、付属品用ホース、応用付属品用収納バッグが付属する。カラーは、グランレッド、グランホワイトの2色。税別の実勢価格は7万5000円前後の見込み。

「VC-CL200」は、カラーがダークメタリック、グリーンの2色。税別の実勢価格は6万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング