アドビ、脆弱性を解消した「Flash Player」の最新バージョンをリリース

2015.1.28 17:20配信

米アドビシステムズは、「Adobe Flash Player」に存在する複数の脆弱性を利用した攻撃の発生を確認したことを受けて、これらの問題に対応した「Adobe Flash Player 16.0.0.296」を、現地時間の1月27日にリリースした。

脆弱性が存在するのは、「Adobe Flash Player 16.0.0.287」以前のバージョンで、脆弱性を利用したコンテンツをユーザーに開かせることで、任意のコードを実行させられる可能性がある。アドビシステムズは、実際にこれらの脆弱性による攻撃を確認している。

Windows 8.1用のInternet Explorer 11、Windows 8用のInternet 10、Google Chromeには、標準で「Adobe Flash Player」が付属する。Internet Explorer以外のウェブブラウザを使用している場合でも、Microsoft Officeのように、Internet Explorer用にインストールしている「Adobe Flash Player」を使うソフトを使用している場合は、Internet Explorer用の「Adobe Flash Player」をあわせて更新する必要がある。

これらの脆弱性については、セキュリティ関連情報を発信する社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も注意を喚起。「Adobe Flash Player」のアップデートを求めている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング