JVCケンウッドは9月5日、ケンウッドブランドからスタンドアローン型ドライブレコーダーの新しいラインアップとして、前方と後方の同時録画に対応した2カメラドライブレコーダー「DRV-MR740」と、前方と車室内の同時録画に対応した2カメラドライブレコーダー「DRV-MP740」2モデルの販売を10月上旬に開始すると発表した。価格はオープンで、税別の実勢価格は、DRV-MR740が3万4000円前後、DRV-MP740が3万7000円前後。

メインユニットの前方用カメラに加え、後方用カメラ(DRV-MR740)と車室内カメラ(DRV-MP740)もフルハイビジョン録画に対応し、ナンバープレートや標識など、走行時の映像を細部まで高精細に録画する。前方・後方・車室内のすべてのカメラで、F1.8の明るいレンズを採用し、夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強い。

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能によって、逆光やトンネルの出入口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時におきやすい「白とび」「黒つぶれ」を抑える。別売の車載電源ケーブル「CA-DR150」を使用すれば、最大24時間の長時間駐車監視録画にも対応する。地デジ干渉対策も施している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます