マシュー・マコノヒーが『Born to Run(原題)』に主演することがわかった。原作は、ニューヨーク・タイムス紙のベストセラー本リストに178週間もとどまり続けた大人気ノンフィクション本だ。

その他の情報

ジャーナリストで著者のクリストファー・マクダガルは、ランニング好きだが、ケガが絶えなかった。メキシコのクーパー・キャニオンで、地元民族がケガをすることなく長距離を平気で走れるのを見て、その秘密を知ろうと彼らに同行する。この本の影響は大きく、ベアフット(裸足)ランニングのエクササイズが生まれたり、素足感覚のランニングシューズが発売されたりした。

マコノヒーの次回作は、ガス・ヴァン・サント監督、渡辺謙、ナオミ・ワッツ共演の『The Sea of Trees(原題)』。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます