©2018 Disney Enterprises, Inc.

2018年9月14日(金)公開の映画『プーと大人になった僕』。

クリストファー・ロビン役の名優ユアン・マクレガーが初来日!

9月5日(水)に都内でジャパンプレミアが開催されました。

ユアン初来日でファンとたっぷり交流

『スター・ウォーズ』プリクエル(新三部作)のオビ=ワン・ケノービ役や実写版『美女と野獣』のルミエール役など数多くの作品に出演してきた名優が初来日!

クリストファー・ロビン役のユアン・マクレガーが2018年9月4日(火)来日し、翌日のジャパンプレミアに登場しました。

ユアンは「本当に皆様にお会いできたことを嬉しく思っておりますし、こうやってプーさんと一緒に来日できたこと、やっと待望の初来日ですから嬉しく思います」と、初来日の喜びをファンに伝えました。

そして、レッドカーペットを1時間かけて歩き、多くのファンと交流を楽しみました。

舞台挨拶ではユアンの日本語吹替を担当した堺雅人さんも登場。

英語と日本語でクリストファー・ロビン役を演じた2人が映画について語りました。

プーと仲良し!

©2018 Disney Enterprises, Inc.

--プーが教えてくれることは?

ユアン「この作品でプーさんが私たちに教えてくれること、それはクリストファーもそうだと思いますし、僕らもそうだと思いますが、どんな風に時間を過ごすことかということだと思います。

愛する者と過ごす時間というものは良い時間にすべきだし、その時間を自らが作り出していかなければいけないものだと。

でないと僕の人生は仕事ばかりになってしまうので。

そして実際にこの映画を制作し終えた11月から、僕はプーさんのアドバイスを受けまして何もしませんでした。

非常に忙しい何もしない時間を過ごしました。」

舞台挨拶ではプーを連れて登場したユアン。

プーと一緒にベンチに座って質問に答えていましたが、その間もプーにいろんなポーズをさせていました。

通訳がユアンの言葉を訳しているときにはプーにマイクを当て、プーがインタビューに答えているように見せるなど、遊び心いっぱいでプーととっても仲良い様子が伝わってきました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます