感動作『グッド・ライ』日本公開日が決定

2015.1.30 11:38配信
『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』(C)2014 Black Label Media. LLC. All Rights Reserved.

フル・マインド』のロン・ハワードが製作を、リース・ウィザースプーンが主演を務めた感動作『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』が4月17日(土)から日本公開されることが決まり、ポスター画像が公開になった。

その他の写真

本作でウィザースプーン演じるキャリーは、カンザスシティーの職業紹介所の女性。彼女は内戦によって両親をなくし、住む家を奪われ、難民としてアメリカにやってきたスーダンの若者たちの面倒を見ることになる。しかし、彼らは電話を見るのも初めてで、自動車に乗れば一瞬で酔ってしまうなど、次々にトラブルを起こしてしまう。映画は、彼ら“ロストボーイズ”の成長と、その過程でキャリーが変化を遂げていく過程を描く。

監督を務めるのは『ぼくたちのムッシュ・ラザール』でアカデミー外国語映画賞にノミネートされたフィリップ・ファラルドーで、実話を基にして本作を作り上げた。ウィザースプーンは「私が演じたキャリーは都会によくいる独りで生きてきたタイプの人間なの。それが突然、ロストボーイズたちの面倒を見ることになる。当然最初は彼らを理解できないんだけど、次第に彼らの人生に引き込まれ、彼女の心は開かれていくの。これはふたつの異なる世界が出会う話なのよ。とれも豊かで実りのある経験になったわ」と撮影を振り返っている。

『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』
4月17日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング