CCC、BD再生機器の所有率が55.9%に、「TSUTAYA」利用者調査

2012.2.6 18:23配信
「TSUTAYA」のBDソフトコーナー

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、全国の「TSUTAYA」店舗利用者を対象に毎年行っている調査で、ブルーレイディスク(BD)再生機器の所有率が初めて半数を上回り、55.9%になった。BD録画再生機器の所有率は42.4%だった。調査は、昨年11月に郵送で実施。

BD再生機の所有率は、2009年が19.0%、10年が33.7%だった。CCCでは、11年11月の時点で55.9%と一気に所有率が伸びたのは、7月の地上デジタル放送への移行や、洋画作品を中心にBDソフトのラインアップが拡充したことなどが理由に挙げられる、としている。

「TSUTAYA」は、2008年7月に全国の店舗でBDソフトのレンタルを開始。販売については不要なDVDを持ち込むとBDソフトが割引になる「ブルーレイ買い替えキャンペーン」を実施。また、BDソフト購入者に洋画カタログ誌『シネマハンドブック ブルーレイ版』を配布するなど、BDソフトを楽しむきっかけになる企画を実施してきた。

昨年のBDソフトの月間レンタル枚数は前年比150~200%で推移しており、11年7月には初めて100万枚を超えている。販売でもBDがDVDを上回るタイトルが増えており、CCCでは再生機器の普及に伴う利用の拡大を見込む。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング