栂池自然園の最奥・展望湿原から眺める、白馬大雪渓!!

乳幼児と一緒のハイキングデビューや、子どものトレッキング(山登り)練習に最適な、「栂池自然園」。日本国内有数の高層湿原は生きものが豊富で、白馬三山の雄大な景色も素晴らしい環境。

子どもの意欲・やる気や、体力に応じて、コースを選べるのも魅力。最奥まで辿り着ければ、白馬大雪渓のパノラマのご褒美が!

子どもが自分の足で歩ける年齢の目安や、所要時間、子どもでも楽しめるのかなど、親子目線で徹底レポート。

子どもが目を輝かせる! 本物の自然&生きものたち

栂池自然園の入口付近

「栂池自然園」という名称から、「植物園のようなところかな? 子どもは飽きちゃうんじゃないかな?」と心配するパパ・ママもいらっしゃるかもしれません。

実際、国内有数の高層湿原である「栂池自然園」は、ミズバショウのような湿地に自生する植物や、貴重な高山植物の宝庫です。

楠川の透明な水は、真夏でも冷たい!!|栂池自然園

ただし、同時に、小動物や魚、昆虫類の姿も豊富に見られます。

川にはイワナが泳ぎ、池にはオタマジャクシが遊び、トンボが飛び交い、草むらにはバッタが跳ね……と、子どもたちは大人よりも目線が低いため、生きものをたくさん発見します。

子どもたちは、ただ歩いているだけでも、興味津々です。

モウセン池|栂池自然園

また、「栂池自然園」は、標高約1,900mにあります。眼前には、標高3,000m近い、雄大な白馬三山や、小蓮華山、白馬乗鞍岳が迫り、晴れていれば、山頂までくっきりと見通せます。

本物の自然がある、高層湿原を、雄大なパノラマを眺めながら散策する、最高のロケーション。

栂池自然園

植物に興味がない子どもでも、楽しめる要素はたっぷりあります。親としては、ぜひ連れて行ってあげたいと思わずにはいられない環境です。

最奥には白馬大雪渓も!

白馬大雪渓|栂池自然園「展望湿原」

ハイキングやトレッキングは、目標があると頑張りやすいもの。

「栂池自然園」は、起伏はあるものの、山頂を目指すトレッキングではありません。

ただし、代わりに、最奥の展望湿原からは、日本三大雪渓の一つと言われる、白馬大雪渓を、間近に眺めることができます。

真夏でも真っ白な雪が残り、目に鮮やか。白馬岳への人気の登山コースとあって、時節によっては登山者の姿が見えることも。

「栂池自然園」はコースを自由に選ぶことができ、最奥の展望湿原まで到着するには、それなりに頑張る必要がありますが、苦労するだけの価値のある、素晴らしい眺望です。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!