夏は紫外線が強く、暑さで皮脂も出やすくなります。肌悩みが増える季節でもあるんですね。少しずつ暑さが引いてきて、秋が顔を覗かせているこの季節。以前よりも過ごしやすく、肌悩みも少なくなってきます。

しかし、秋だからこそ必要なケアがあります。「夏のお疲れ肌」といったような言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、実感としてわかないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、なぜこの季節にスキンケアを重視したいのか、どのようなスキンケアが必要なのかを解説していきます。

秋にスキンケアをきちんとした方が良い理由

秋に残っている肌ダメージの原因は、主に紫外線です。紫外線は老化の約80%を占めるといわれており、シミやシワ、たるみなどの原因になります。

紫外線は、長い間浴び続けることで老化を促進してしまうこともあります。ガラス越しでも影響があるので、室内でも油断できません。知らず知らずのうちにダメージが蓄積していくので、過ごしやすくなった今だからこそできるケアがあるのです。

例えば、乾燥による小ジワ。紫外線によって水分が不足してしまうと、シワができやすくなってしまいます。暑い夏はサッパリ系の化粧水などを使いがちなのですが、秋になると保湿力が高い化粧品も使いやすくなります。

また、美白化粧品を使用するのも大切です。美白化粧品は、シミを予防するためにあります。初期のシミには効果が期待できますが、完成してしまったシミを完全に解消するのは難しいといわれているのです。

保湿と美白を中心に、きちんとケアをすることが大切。将来のキレイは、今のあなたにかかっているのです…!

おすすめスキンケア方法

まずはクレンジング剤と洗顔料を見直してみましょう。夏用のコスメが余っているからと使用し続けていると、必要なうるおいを奪ってしまう可能性があります。うるおいを残しながら洗い流せるアイテムにシフトしましょう。

また、シートパックをプラスアルファのケアで取り入れるのもオススメです。シートパックは肌をぴったりと覆い、密閉します。美容成分を集中的に肌の角層まで浸透させることができるのです。保湿重視のもの、美白重視のものをセレクトしてみてください。

美容液もプラスアルファとして使えます。普段ケアの前後に、ひと手間かけてみましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます