解決策

新しい男ができたのにますます元カレを忘れられなくなった、という方はもちろん、とにかくどうやっても元カレを忘れられなくて苦しい!と思っているあなたに、ここで「飛び道具的にオススメしたいやり方」が、コレ。

 

あなたが取るべき行動

『何としても元カレに連絡を取って、もう一度会って、できればご飯を食べにいき。お酒を飲めれば飲んで、そしてそのままどちらかの家もしくはホテルに行って、行為に及んでしまう』。

ズバリ、コレです。

さて、この行動の工程には、数々の「元カレを忘れる・もしくは逆にヨリを戻すポイント」が散りばめられています。それについてご説明いたしましょう。

 

1.「何としても元カレに連絡を取ってもう一度会う」ことのメリット

・もし元カレが何のためらいもなく会うことを承諾した場合、別れたくせにもう会わないという暗黙のルールを守らない決断力のない男だと思ってちょっと嫌いになれる。

・会う理由が、ただやりたいだけ的な雰囲気を出していたら、もっと幻滅して嫌いになれる。

・まだ彼にも未練があって純粋に会いたがっている様子を垣間みることができたら、復縁の可能性も。

・もし元カレが会わないと言って冷たい態度を取った場合、ちょっとは期待していたこちらの気持ちは大いに傷つき、踏ん切りがつけられるきっかけになる。

・新しい彼女がいてうまくいってるからもう連絡してくるな、などと言ってもらえたらさらに踏ん切りがつく。

 

2.「会うことになり、ご飯を食べにいく(飲めれば飲む)」ことのメリット

・二人の思い出話を完全に過去のものとして語り、今の生活をいきいきと話された場合、元カレが完全に吹っ切れている様を思い切り突きつけられ、諦めがついてくる。

・一応楽しく話ができたが、お会計のとき以前と違って割り勘になっていたら、元カレの気持ちの中では整理がついている可能性が高く、そのガッカリ感が思いを断ち切る原動力となる。

・態度がぎこちなかったりスマホばかり気にしていたり、明らかに自分に気のない様子の元カレを見れば、諦めがついてくる。

・元カレもあなたに未練がある口ぶりであれば、復縁の可能性アリ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます